本と無線機の買い取り 川花書房(JA2FJG)

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

「天草四郎時貞」「小野小町」「武蔵坊弁慶」実は存在しなかった!?

「天草四郎時貞」「小野小町」「武蔵坊弁慶」実は存在しなかった!?

 

天草四郎時貞

 

 

広告

 

 

関連記事 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

 

24日にテレビ朝日で放映された「林修の今でしょ!講座は」

東大教授・本郷和人が教える超人気の歴史講座
『この5年でわかった歴史的新発見ベスト5』

興味深く視ましたが、特に「天草四郎時貞」「小野小町」「武蔵坊弁慶」は実在しなかった説は興味があり少々調べてみましたが、3人とも詳しい資料が乏しく従来からその存在は疑問視されていました。

★独眼竜・伊達政宗が名をはせたのは武力ではなく○○だったから!?

東北屈指の猛将として名をはせ大河ドラマにもなった伊達政宗はたいした戦果を挙げておらない。

それにもかかわらず後世に名を残す大大名になったのは本郷和人先生によると、伊達政宗の世渡り上手と、豊臣秀吉の東北の動乱をさけるために伊達政宗に東北の要を治めさせる為に生かしたという。

 

 

★日本の歴史上、最大級の一揆・島原の乱を指揮した天草四郎…実は実在しなかった!?

 

2015年、熊本大学が発表した研究資料によると天草四郎の存在自体が怪しくなった。

本郷和人先生によると、天草四郎は個人名ではなくユニット名だった可能性があるという。

総大将天草四郎というシンボルは存在したが、天草四郎らしき年格好の少年たちがたくさんいたとはっきり目撃されている古文書が見つかっている。

天草四郎と言われる遺体は、最低でも10数体あったとされている。

 

天草四郎時貞の実像については従来からほとんど史料がなく、様々な創作作品の影響で、昭和初期には天正遣欧少年使節や支倉常長の肖像などから発想を得たと思われる、
華美な羽織・マント・襞襟を身に纏った姿が広まっていった。
戦後の一部の作品では女性説を採用したものも登場した。

 

母の実家のある天草諸島の大矢野島、宇土郡江部村(現在の宇土市)または長崎出身という説もあり、出生地ははっきりしない(生年も諸説ある)。

幕府軍の陣には四郎と同じ年頃と見られる少年たちの首が次々に持ち込まれたものの、
幕府軍はどれが本物の四郎の首であるか分からなかったため、四郎の母(洗礼名:マルタ)にこれらの首を見せ母親が顔色を変えた首を四郎の首と断定したという。

さらには四郎の馬印が豊臣秀吉のものと同じ瓢箪であることなどから、天草四郎が豊臣秀頼の落胤であるとする説もある。

秀頼が真田幸村とともに薩摩に逃げ延びた際にこの地に立ち寄ったものと思われる。

 

 

小野小町の存在自体が怪しまれている

 

小野小町も謎だらけである。

小野小町が作った歌は残っているものの名前や記録は歴史資料に一切出てこないという。

小野小町は、世界三大美女として楊貴妃やクレオパトラとともに知られていいるが、

他の二人の母国楊貴妃の中国やクレオパトラのエジプトでも小野小町は世界三大美女と呼ばれているの!?

 

一般に言われている小野小町の真の生誕地が秋田県湯沢市小野であるかどうかの確証は無い。

他にも山形県酒田市、京都市山科区、福井県越前市、福島県小野町、熊本県熊本市北区植木町小野、神奈川県厚木市小野とする諸説がある。

 

小野小町の物とされる墓も、全国に点在している。
このため、どの墓が本物であるかは分かっていない。
平安時代位までは貴族も風葬が一般的であり(皇族等は別として)、墓自体がない可能性も示唆される。

能、歌舞伎、舞台で演じられてきたが架空説も伝えられている。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

武蔵坊弁慶の存在が怪しまれている。

 

武蔵坊弁慶 は源義経を守った僧兵だが、吾妻鏡という資料には2回ほどしか名前が出てこない。

後の室町時代以降に作られた物語の中では武蔵坊弁慶が雄弁に語られている。

 

弁慶は義経の忠実な家来として活躍し、平家討伐に功名を立てる。

義経が兄の源頼朝に追われるのに同行。

それが江戸時代の安宅関での勧進帳などが歌舞伎で取り上げられて有名になったとされている。

衣川の戦いで多数の敵勢を相手に弁慶は、義経を守って堂の入口に立って薙刀を振るって戦い、雨の様な敵の矢を受けて立ったまま死んだとされ、「弁慶の立往生」と後世に語り継がれた。

さらには義経主従は衣川館では死なず、青森から北海道えと逃げ延びた「義経北行伝説」もある。

 

 

★豊臣秀吉が天下統一できた秘密が分かる33通の手紙が発見された!?

 

兵庫・たつの市が所有する文献を、東大史料編纂所が修復。するとそこには、豊臣秀吉が部下に対し細かく厳しい上司だったことが記載されていた。手紙では、秀吉が一から育てた脇坂安治という子飼いの武将に対し、材木の手配について細かく厳しく指示している。2か月だけで7通の手紙を送り、細かく材木運搬の指示をしていた。武力の時代から知力の時代へ、部下にその考えを指示していたという。

 

 

★幕末のカリスマ・坂本龍馬!偉業の数々は背後で○○が操っていた!?

 

杏林大学の教授が、2016年に坂本龍馬が勝海舟に宛てた手紙を発見。

龍馬の外国貿易に関する具体的な記述が書かれていたという。坂本龍馬は薩長同盟や海援隊などで知られるが、本郷和人先生によると学問的には歴史で取り上げられるようなことはしていない。

2016年に発見された手紙には北海道開拓について書かれており、坂本龍馬がある人物の影響を大きく受けていたことが伺えるという。

坂本龍馬は、西郷隆盛の考えに影響を受けていた。

薩摩藩は北海道を「日本の宝蔵」と称し、幕府に北海道開拓の重要性を説いていた。

当時薩摩藩は、北海道の海産物に目をつけて日本海側の輸送航路を確立。

中国とも貿易を行い、莫大な利益を得ていた。

2016年の手紙に書かれている北海道開拓構想や貿易航路は、薩摩藩のものとほぼ一致している。

薩長同盟や海援隊設立など、その影には必ず西郷隆盛の姿がある。

坂本龍馬はいろは丸事件をきっかけに、多額の賠償金を手に入れて一儲けした。

1867年、海援隊を乗せたいろは丸と紀州藩の船が衝突し、沈没。そこで坂本龍馬は、紀州藩に船代と積荷だった「大量の銃」などの賠償金を請求。

裁判に勝利し、多額の賠償金を手に入れた。しかし土佐藩幹部の後藤象二郎が残した記録によると、積荷は米と砂糖だけで「大量の銃」は積んでいなかった。

近年、実際にいろは丸を調査したところ、武器もお金も積んでいなかったことが分かった。

 

 

 

★坂本龍馬暗殺の真犯人は新撰組○○と薩摩藩○○だった!?

 

 

昨年、新撰組の斎藤一を捉えた写真が発見された。

本郷和人先生は、この斎藤一が坂本龍馬暗殺のカギを握る人物だと考えている。

坂本龍馬暗殺は、京都見廻組が定説となっている。坂本龍馬を暗殺したという人物が自首し、実際に罪に問われているが、何度も自白が変わり自白の内容も坂本龍馬の死体検分と違うという。さらにわずか2年で釈放されている。本郷和人先生は、自白の矛盾や釈放から考えると、京都見廻組説は可能性が低いとしている。

坂本龍馬暗殺の2つ目の説は紀州藩。いろは丸事件で恨みを持った紀州藩が坂本龍馬を暗殺したという説だが、本郷和人先生によると紀州藩は暗殺前に賠償金を支払っているため、この可能性も低いという。

本郷先生が最も注目している坂本龍馬暗殺の説が、新選組の斎藤一による暗殺説。北辰一刀流の免許皆伝を受けた剣の達人である坂本龍馬に対抗できるほど、斎藤一は新選組でトップクラスの強さだったこと、坂本龍馬暗殺の犯人は左利きの可能性が高く、斎藤一も左利きだったことなどが理由だという。坂本龍馬暗殺の黒幕について、本郷和人先生は西郷隆盛だったのではと考えている。本郷先生曰く、大政奉還の後、西郷隆盛と坂本龍馬の意見が分かれたことが事件の発端になったという。そして西郷隆盛のいる薩摩藩は、新撰組から分裂した御陵衛士を支援。そこに斎藤一がいた。

 

 

 

 

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

広告

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp