懐古オヤジのボヤキ録

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

わたしが「クリックポスト」を使わなくなった理由

わたしが「クリックポスト」を使わなくなった理由

 

Post


広告

 

 

2014年の6月に開始された日本郵便(郵便局)の新しい配送サービス「クリックポスト」

当時はまだ日本郵便と特約契約はしておりませんでした。

当時はまだヤマト運輸との契約で宅急便とクロネコメール便を多用しておりました。

しかしヤマト運輸のクロネコメール便B4サイズが2012年の6月に終了してからは大型の本は「ゆうメール」に頼っておりましたので郵便局にはチョクチョク行っておりました。

 

そんな時発表された新しい配送サービス「クリックポスト」これもありかなと思い郵便局で聞いてみましたが局長をはじめ職員一同だれも知りません。

 

最近のことはわかりませんが当時は日本郵便(郵便局)のサービス等は職員に周知されておりません。

郵政民営化からかなり経過していますが通常の民間会社では考えられないような状況が続いていたようです。


「クリックポスト」は
34(長辺)×25(短辺)×3(厚さ)センチ
、重さ1キロまでの荷物をわずか164円で送ることができます。

「クリックポスト」を利用するに当たっては次の手続きが必要となります。

Yahoo!JAPAN IDの取得
クリックポストWebサイトには、Yahoo! JAPAN IDでログインします。
Yahoo!ウォレット(クレジット カード払いに限ります。)の利用登録
クリックポストの運賃は、Yahoo!ウォレットにより支払いします。

長年ヤフオクを利用していましたので事前の登録は不要でした。

 

しかしいざはじめてみますと不便なことだらけです。

「クリックポスト」を使うためには、専用のフォームに相手先の住所や名前、品名などを入力して、貼付け用のラベルを作るのですが、この入力フォームがひどい。

なぜか、全角しか使えない。

アマゾンとか、ヤフオクとかで送られてくる住所は、郵便番号や番地は、だいたい半角で表示されています。

入力ミス防止のためコピペでフォームに貼り付けるんだけど、全角しか使えないので受け付けてくれない。半角の部分を打ち直さないといけない。

なぜ全角じゃないといけないのか?

 

さらにラベルの印刷もひどい。

(実際に使うラベル部分は、A4サイズの1/4程なのに、毎回いらない部分(注意事項とか控えとか))まで印刷される。

1/4に切り取って貼り付けるのだがこんな大きな透明テープはない。

かといって糊付けもイマイチ。

 

決済もYahoo!ウォレット(クレジットカード払い)なのでこれも面倒。

 

使いにくくて困っておりましたがクロネコメール便が廃止されるのに伴いヤマト運輸は解約、日本郵便と特約契約をしました。

契約時に「ゆうパケット」をさかんに奨められました。

以後「ゆうメール」と「ゆうパケット」「の併用です。

少々「ゆうパケット」のほうが「クリックポスト」より高いのですが、使い易さを優先させております。

 

今でも時々ヤフオクで「クリックポスト」を希望する方がおられますがお断りしております。

 

しかし最近では先程述べた不便な点も改善されたようですので特別に契約までは不要と思っている方にはアリかもです。

 

自宅で簡単に、運賃支払手続きとあて名ラベル作成ができ、全国一律運賃で荷物を送れるサービスです。

郵便ポストからいつでも差し出せます。追跡サービスで配送状況の確認も可能です。

 

日本全国一律164円
ネットで運賃決済
ラベルの手書きが不要
ポストから差し出せる
郵便受けに配達
追跡サービスあり

ログインし、利用者情報の登録(初回のみ)をします。

荷物情報を入力し、Yahoo!ウォレットで運賃の支払手続きをします。
ラベルを印字し、荷物に貼り付けます。

近くの郵便ポストや郵便窓口から発送します。

 

概ね差出日の翌日から翌々日にお届けしますとありますが、実際はもう1日くらい余分にかかるようです。

※届け先が遠方の場合、離島等の一部地域の場合等は更に数日要する場合があります。
また、差出時刻によっても異なる場合があります。

 

「クリックポスト」を使うためには、

・Yahoo! JAPAN ID
・Yahoo!ウォレット(クレジットカード払い)
・「クリックポスト」を利用するための会員登録

が必要になります。

 

まぁ、登録は最初の1回で済みますしさほど時間もかかりません。

最初の登録がちょっと面倒ですが、

・郵便ポストへ投函するだけという手軽さ
・安い料金

を考えると、「メール便」「の代わりとして十分使えそうなサービスだと思います。

この料金で追跡機能がついて、ポスト投函で送れるというのは便利ですよね!

 

注意点としては

・二次元バーコードが適切に読み取れないと戻されることがある

(ラベルを糊で貼って波打ってしまったり、テープがバーコード部分にかぶったりすると読み取れない場合がある)

 

・追跡機能が微妙

(追跡できるのは、引受・到着・お届け済みの3ヶ所。メール便みたいに細かくない。反映が遅い。)

 

 

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

広告

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp