読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本と無線機の買い取り 川花書房(JA2FJG)

全国送料無料 古本、無線機の買い取り、修理をしています。

アマチュア無線局JA2FJGの原点 ー 鉱石検波器からスタート

アマチュア無線局JA2FJGの原点 ! 鉱石検波器からスタート

川花書房

 関連記事

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

鉱石検波器からスタート

1955年頃鉱石検波器に逆Lアンテナで始めたラジオいじりも、真空管に変わり、ST管からスタート。
0V1 6C6-6ZP1-12F
5球スーパー 6WC5-6D6-6ZDH3A-6ZP1-12F
工具らしい工具はありませんでしたが、幸いにもこの頃は並4用、5球スーパー用の穴あきシャーシーが、田舎でも手に入りました。

やがてMT管に昇格し
5球スーパー 6BE6-6BD6-6AV6-6AR5-6X4。
最初は5球スーパーにコンバーターをつけて短波帯を聴いておりました。

その後トリオのコイルパックに変更し高1中2となり、短波放送を聞きSWL、

その頃アマチュア無線の存在を知り友達と自転車でHAM行脚。
相手の迷惑かえりみずお邪魔しましたがいろいろと教えて頂きました。
当時市内には1局しかありませんでしたので遠征もしました。
厚かましくお邪魔したOMさんはみなさん親切で、CQ誌を貸していただいたり、
真空管をはじめいろいろなパーツ類を頂いたりしました。
この時の経験が、長続きする原因になっております。

水晶(FT243)を使い送信機も作りました。
76-6ZP1から始まり807が加わりました。
送信したか否かは内緒(50年以上たっているので時効)。
工具といっても半田鏝、ハンドドリル、ヤスリ、ニッパー位しかなく、
送信機用の穴あきシャーシーは販売されておりませんので、ハンドドリルとヤスリで加工。
けっこう大変な作業で、靴下に切粉をつけたまま登校。

JA2FJG開局

当時まだ無線従事者の試験は四国では松山だけで、
前日から出かけなければ、受験はできません。
高校生の身分ではとても無理であきらめるしかありません。
その後就職し愛知県に移り、豊川の下宿でJA2FJGを開局。
9R42に807でHFのAMから始まり、
50MhzのAM,FMも加わり144Mhzは真空管(6AQ5,829B等)で
挑戦するもあえなく敗退。

2アマを獲得しHF(7Mhz)でA1
以後和文でのラグチューに熱中

HF機も主力はTS510に変わり、
メーカー製の機器に変わると共に真空管での製作は休業状態へと。

トランジスターに挑戦

しばらく休業状態が続きましたが、
1960年代の後半からトランジスターを使用した機器の製作を始めました。
東通工(SONY)の1TXX等は使った経験はなく、
NECからマイクロなんとかいったシリコントランジスター、
高周波特性がよく安価なものが出回るようになってからです。

基板にマジックインキで直描きから始めましたが、
マジックインキの種類によって出来映えがずいぶん違いましたので、
各社の各色(全部ではありません)をいろいろ試しましたが、

私が使った範囲ではパイロットのペイントマーカー?のホワイトが、
一番良かったように記憶しています。
ホワイトが良かったのは意外ですが、

基板へののりが良く基板の下処理が少しいい加減でも、
結構な出来映えでした。

やがてメーカー製の無線機が主力


599ライン、TS-520D、TS-770が加わり、
CWでDXの真似事(英語が喋れませんので)、

1970代から1980年代にかけて、
衛星通信(アンテナが固定で回転できませんので少しの時間だけ)

衛星通信を運用する過程で144MHz,430MHzのトランスバーターを
製作し以後マイクロウェーブに憑りつかれていきます。

プリント基板の製作には、
まだこの時期はマジックインキ、レタリング、テープを使用しておりました。


以上アマチュア無線局JA2FJGの原点 ー 鉱石検波器からスタートについて

 

広告

  

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

 

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp

 注目記事

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com