懐古オヤジのボヤキ録

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

アマチュア無線機の修理に使用している測定器群

無線機の修理に使用している測定器群

 

川花書房

スポンサーリンク

   

 

関連記事

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

アドバンテストスペアナR3361A

アドバンテストスペアナ R3361A

アマチュア的に必要な仕様

周波数範囲 9KHz~2.6GHz

分解能帯域幅 30Hz~1MHz

入力 -130dBm~25dBm

分解能 1Hz分解能

トラゼネ出力レベル 0dBm~-50dBm

随分以前に買取した古いスペアナR3361Aですが、トラゼネがついており、重宝しています。

最近は格安なスペアナも出回っておりますが、今のところこれで十分で、主としてスプリアスと3rdIMDの測定に使用しております。

テクトロにクス 400MHz オシロスコープ 2467B

テクトロにクス 400MHzオシロスコープ 2467B

アナログ 4チャンネル 400MHz高輝度 MCP CRT

2467Bもスペアナと同時に買取したもので、それまでは岩通の50MHz3チャンネルでしたので、こちらの方がメインになりました。

通常はテスターでの点検が多いのですが、オシロスコープは時間軸がありますので、テスターでは見えないモノが見えてきます。

AFはもちろん400MHzあるとRFも測れますし、4チャンネルあると入力と出力が同時にみえますので、テスターでは解らないところも解ります。

オシロスコープもスペアナ同様デジタルオシロスコープが、手軽に入手できるようになってきましたすが、アナログオシロスコープさえ満足に使いこなせない私には無用の長物です。

タケダ理研マイクロウェーブカウンター TR5211B

カウンターは以前は3GHz位までのカウンターにプリスケーラーを付けて使用しておりましたが、マイクロウェーブを本格的にやるようになってこのマイクロウェーブカウンターをヤフオクで入手。

低い周波数もこれで十分ですので、これをメインにしています。

残念な事にTrimble ThunderBolt GPS 周波数標準器 を手放しましたので、校正が出来てない事です。

ただトランシーバーや受信機の局発の測定と調整位なので、さほど精度は必要ないようにも思われます。

最近はGPSモジュールが安価に手に入るようなので、一度挑戦してみようと思います。

アドバンテスト デジタル マルチメーター R6552T-R

 

 

 

アドバンテスト デジタルマルチメーター R6552-TR

デジタルマルチメーターはほとんど使用する事がなく、テスターで間に合わせております。

ただアナログテスターが何台もあったのですが、すべて処分した事は後悔しております。

例えばボリュームのガリ等はデジタルテスターでは無理でアナログテスターの出番となってきます。

さほど高価なものでもないので、近々購入の予定。

その他の測定器

250Wと300Wの終端型パワー計、トランシーバーに繋がってないSWRメーターがHF用とV.UHF用が各1台。

250Wと300Wはなんとも中途半端ですが、300Wは電話会社で使用していたのをいただいたものです。

SSGはHF帯の物がシャックに置いてあり、他にも2.4GHzまでのアンリツのSSGやマイクロウェーブのスペアナとか買取した諸々の測定器が1階の書庫に置いてありますが、シャックが狭いし、重たいものばかりなので、今のところ2階に揚げる予定なし。

以上私のアマチュア無線機の修理に使用している測定器群でした。

 

 

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

広告

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp