本と無線機の買い取り 川花書房(JA2FJG)

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

アマチュア無線 ! 我が愛しのTS-520

アマチュア無線 ! 我が愛しのTS-520

 

川花書房

広告

 

 

関連記事

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

最近アメブロから引っ越してきました川花書房です。

ここ数日マイクロウェーブの記述が多くなっておりますが、HFもオーディオもボツボツやっております。

HFはアンテナの関係で7MHzがほとんどですが、時々ラグチュウをやっております。

 

1973年に発売になったトリオのTS-520は発売になって暫くして購入しました。

それまではTS-510を使っておりましたが、TS-520は電源部が内臓されており、本体と電源部が別々のTS-510と比べて狭いシャックにはもつてこいで中身をイジルのが好きな私にはとても扱いやすくなりました。

 

よくヤエスのFT-101と比較されますが個人的にはCBユーザーを意識してAMと27MHzを加えたためにかなりの売れ行きがあったように思われる。特に輸出用。

私はTS-520の方が好きです。

 

長らくトリオ派だった私はヤエスのHF機を手にしたのは現在の商売に変わって買取をするようになってからである。

昨年始めてたまにはヤエスの機械もと思いFTDX-1200を購入した。

ヤエスの機械を新品で買ったのはこれが初めてである。

FTDX-1200とFTDX-3000どちらにしょうかと迷ったが、

最近はCWをやらなくなったので価格の安いFT-1200になりました。

 

話が少しとんでしまいましたが、同時期にTS-520とFT-101を比較した事はありませんが、受信音が私の好みに合っております。

これはオーディオ製品も扱っていたせいもあってトリオに分があると思われます。

 

後になって買取したFT-101を弄ってみるとリアパネルはヤエスに分があります。

特にIF-OUTは点検、調整するうえで便利である。

他にも通常ギロチン呼ばれるμ同調も魅力的で夜間の7MHz帯でTS-520のDRIVEと比較してみるのも面白そうであるが、最近はコンディションが悪いのでどうだろうか。

 

VFOの安定度は断然TS-520だ。

3SK22-2SK19を使用したトリオの定番。

TS-510の時は実用新案とかでブラックボックスになっておりましたので、この時からアナログ機のVFOとして受け継がれていきました。

VFOケースをパネルに固定することで安定度の向上にも寄与しました。

 

また受信初段には特性に優れたデュアルゲートMOS FETの3SK35を採用。AGCは増幅型でSLOW-FAST-OFFの3段切り替え。

送信終段管はS2001を使用これもヤエスとは違います。

それまでもこれ以降もトリオは送信用真空管、ヤエスは多くがテレビの水平出力管。

 

TS-520は先にも述べておりますが、受信音が気に入っておりますので、現在でもメインで使っております。

 

 よろしければこちらもどうぞ