本と無線機の買い取り 川花書房(JA2FJG)

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

ゴールデンウィーク中もSEO業者から営業電話がかかってきます。

ゴールデンウィーク中もSEO業者から営業電話がかかってきます。

 

SEO

 

 

広告

 

 

関連記事

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

ゴールデンウィーク中でもお構いなく

 

世間一般ではゴールデンウイーク中ですが、ダラダラと仕事してます。

そんな時でもお構いなしにSEO業者から営業電話がかかってきます。

ご苦労様です。

 

そもそもの始まり

 

川花書房のホームページを開設したのが5年前です。
以来SEO業者からの営業電話が結構かかってきます。
拙いページだから彼らにとっては絶好の餌食なのかもしれない。
物を売り買いするということで特定商取引法に基づいた表記が必要となり、電話番号を記載してあります。
公開して間もなく営業電話がかかり始めました。

 

最初の頃に何件か聞きましたが、成果報酬型でいくらとか、毎月いくらで何年契約とか、とても当店の予算で賄えそうにはありません。

 

非常識なSEO業者の営業


当店の経験からいってSEO業者かその仲介業者からの営業電話の特徴は最初に名乗る業者は極めて稀です。
その電話のほとんどが、「〇〇さんですか?」「お客さんが増えたら嬉しくありませんか?」から始まる、なんとも不愉快なものばかりなのです。
一様に感じるのは、営業する側にコミュニケーションを取ろうという気配は感じられません。


とにかく成果をあげたい。上司にせかされ仕方なく、ただ電話かけてるだけって姿勢。
電話対応にもマニュアルがあってノルマだなんだあるのは承知の上なのですが、相手に失礼で不愉快だとわかっていてもお構いなしに電話をしている節が感じられます。

 

後ろでで同じような営業電話が聞こえてくるんですよね!
せめてこれくらいは何とかして欲しい
酷い時には同じ会社から30分も経たずに担当者が替って電話がかかってきた事もありました。

 

SEO業者はしつこい

 

それにSEO業者さんとにかくしつこい・・・(安倍さんでなくてもそう思います)
こちらの状況などお構いなしに延々と説明が続きます。
簡単には電話を切らせてくれません。
用事があるので切ろうとすると「何時頃に空きますか?」と畳みかけてくる。
なかなか解放してもらえません。

 

また近くの会社もしくは近くに営業所等のある会社の場合は直接会いたがります。
直接だと断りにくいと思っているのでしょうか?
暇なのは結構ですがこちらは一人ですべてをこなしているので、そんなに暇じゃないんです。

 

SEO会社が営業電話をする事に違和感を感じてしまう理由

 

そもそも、SEO会社のサービスは「SEOで検索結果に上位表示させ、ホームページに集客して売上アップ」という事のはずなのです。
SEOで売上をアップすればいいのに、なぜ営業電話をするのか?
ちょっと違和感があります。
SEOで上位表示させて売上アップができるのであれば、SEO会社自身のホームページを上位表示させれば営業電話なんて必要ないでしょ?って思ってしまいます。


そう考えるとちょっと営業電話をかけてくるようなSEO会社はちょっと信用できないのかな…と。

 

内容については説明がない

 

「お客さんが増えたら嬉しくありませんか?」

独自のシステムで何位以内にします。

ホームページへ集客したからといって売上アップに繋がるかどうかなんて、やってみなければわかりません。

いくらホームページを読んでくれても、商品を売ったり、買ったりしてくれなくては成果には結びつきません。
確かにSEOというのはノウハウがすべてだと私は思うので、手法などは説明できないと思います。

説明部分はわざと曖昧にして、良い話だけもちかけるような内容なのかもしれません…。
SEO対策というのは必ずしも良い結果が出るとは限りませんから…。

 


まとめ

 

SEOというのは一時的に効果が出ても意味がありません。継続して行わなければならないんです。

SEO会社さんにお願いをしても、その効果がずっと持続していくのかが想像できないんです。
そして、ちゃんとしたSEO会社でない場合は、おそらく効果は継続しません。

それには費用もかかります。

 

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

広告

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp