本と無線機の買い取り 川花書房(JA2FJG)

全国送料無料 古本、無線機の買い取り、修理をしています。

ピコ太郎もビックリ赤の他人が「PPAP」を商標登録出願済!

ピコ太郎もビックリ赤の他人が「PPAP」を商標登録出願済!

 

Pen Pineapple Apple Pen

 

 

広告

 

 

 

関連記事

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

ピコ太郎さんの場合

 

ピコ太郎さんも驚いていましたが、「PPAP」が元弁理士の会社(ベストライセンス社)によって商標出願をされていました。
ピコ太郎さんと契約をしているエイベックス社の商標出願よりも9日早く商標出願されていました。
さらに「PEN PINEAPPLE APPLE PEN」「ペンパイナッポーアッポーペン」「ペンパイナッポー」も商標出願されているようです。
これらを商標出願しているのは大阪の元弁理士A氏が代表を務める会社ベストライセンス社。

 

ベストライセンス社


同社は「民進党」「じぇじぇ」「限界マンション」「北海道新幹線」「STAP細胞はあります」なども出願しているという事でまさに驚き。

 

2015年に上田氏と同氏が代表の会社は計1万4786件を出願し、出願数ではぶっちぎりである。
やっと3位にキティちゃんのサンリオであるが1桁違っている。
国内全体の約14万7千件の約1割を占め、他を大きく引き離す。


問題なのは、登録に必要な手数料が支払われていないことだ。
支払わないと半年程度で出願が取り消されるが、その間は特許庁の情報サイトに「審査待ち」と掲載される。
このため商標登録出願をあきらめる人や企業、団体もある。
現に群馬県太田市は美術館・図書館複合施設の愛称「おおたBITO」を商標登録出願しようとするとすでにA氏側が申請済であきらめたという。
さらに A氏から「BITO」を使う権利を譲りたいとの趣旨のメールも来たという。

 

同氏は「将来自分で使う、他人に権利を譲渡する、先に出願しておくことで権利を仮押さえする三つが狙い。
(出願中に)権利が欲しいという人が現れれば、ビジネスになる」と売買目的を認めているという。
手数料を払わないのは、「権利化してメリットがあるものだけを厳選している」ためとも言っている。

 

特許庁もこの事は承知しているようで

 

自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)

平成28年5月17日
特許庁

最近、一部の出願人の方から他人の商標の先取りとなるような出願などの
商標登録出願が大量に行われています。
しかも、これらのほとんどが出願手数料の支払いのない手続上の瑕疵のある出願となっています。

特許庁では、このような出願については、出願の日から一定の期間は要するものの、
出願の却下処分を行っています。

また、仮に出願手数料の支払いがあった場合でも、
出願された商標が、出願人の業務に係る商品・役務について使用するものでない場合
(商標法第3条第1項柱書)や、他人の著名な商標の先取りとなるような出願や
第三者の公益的なマークの出願である等の場合(同法第4条第1項各号)には、
商標登録されることはありません。

したがいまして、仮にご自身の商標について、
このような出願が他人からなされていたとしても、
ご自身の商標登録を断念する等の対応をされることのないようご注意ください。

なお、これらの出願についても、出願公開公報やJ-PlatPatにて公表されますが、
当該情報はあくまでも商標登録出願がなされたという情報の提供であり、
これらの出願に係る商標が商標登録されたことを示すものではありません。
                        特許庁HPより

 

 

 

ちなみに他人の商標を先取りしてお金を得るビジネスのことをトロールビジネスといいます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「おんな城主 直虎」でも

 

少々事情は違いますがNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」この「直虎」の商標をめぐっても一悶着。
みそやしょうゆの製造販売をする須坂市の食品会社「糀屋本藤醸造舗」が「直虎」を
商標登録したのは昨年4月。
今年は江戸末期の大名で、信濃須坂藩(現・長野県須坂市)の13代藩主「堀直虎」没後150年。
それにあわせて商品を開発しようと商標登録した」とのこと。


これに対して浜松市と同市の商工会議所は特許庁に異議申し立てを行なっている。

 

かっては中国でも


中国では「クレヨンしんちゃん」「東京スカイツリー」「有田焼」「今治タオル」等で問題。
「今治タオル」に類似したロゴマークと「今治」の2文字が中国で商標登録申請された問題で、
今治市などの異議申し立てを中国商標局が退けた。

 

中国において争われていた『クレヨンしんちゃん』著作権侵害民事訴訟及び行政訴訟問題について、
弊社の主張がようやく支持されましたので、それぞれの勝訴判決及び経過をご報告申し上げます。
■著作権侵害訴訟

本件は、中国企業が無断で『クレヨンしんちゃん』の図形及び
「 蝋筆小新(クレヨンしんちゃんを示す中国語)」を
付した子ども靴等を販売した行為に対して、弊社が管理している著作権の侵害を理由に、
中国企業を相手どり2004年8月に上海市第一中級人民法院に提訴した事案です。
「中略」
8年もの長い年月を経て、2012年3月23日にようやく弊社の主張を認める判決が下されました。
この判決によって、中国企業の著作権侵害行為が認められ、
弊社が管理している『クレヨンしんちゃん』の図形と文字の著作権が認められました。
弊社が勝訴となった今回の一審判決内容の一部をご報告いたします。

                         双葉社HPより

 

 

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

広告

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp