懐古オヤジのボヤキ録

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

ヤフオクで代行業者の入札が多くなってきました

ヤフオクで代行業者の入札が多くなってきました

 

f:id:aki5760mh:20161211191952j:plain

 

広告

 

 

代行業者の入札が多くなってきました

 

昔からヤフオクでの代理入札はありましたが、最近の特徴は代行業者による入札が増えてきました。
昔は個人の方が友人や知人に頼まれての入札で、発送先の違い等をキチンと告げてくれておりました。
私も友人に頼まれて何度も落札した事があります。


代行業者には日本人と外国人の両方が存在する

 

ヤフオクに参入している代行業者は、日本人代行業者と外国人代行業者がいます。
純粋に頼まれた商品を代理入札している場合と、安価に大量に落札し海外で販売している場合があります。
外国人代行者の多くは中国や台湾などの中華系が多いようです。

 

個人を装う代行業者もいる

 

最近では、代行業者を嫌って「代行業者お断り」と出品情報に記入する出品者や、代行業者をブラックリストにいれる出品者が増えてきているため、別のヤフーIDを取得して個人を装いながら落札してくる者もいます。
個人を装った落札者は、発送先の住所の末尾に管理番号を記入するように指示してきたり、管理番号を住所の一部のように記入を要求してきますので、すぐに代行業者だと見分けがつきます。


代行業者の多くは複数アカウントを持っている

 

ヤフオクを利用している代行業者の多くは、複数のヤフーIDを利用しています。
そのため、次回からの落札を拒否するためにIDをブラックリストに入れても別のアカウントで入札してきます。


ヤフオクの管理用ソフトを使用していると、過去に取引があった場合は住所、氏名が自動的に告知されますが、同じ住所、氏名に拘わらず新規となる場合があります。
これらは同一業者の別アカウントからの落札です。


当店の場合本と無線機類を別アカウントで出品しております。
同じ日に同じ業者に両方で落札されましたが、別アカウントからの落札でした。
カテゴリーごとにアカウントを用意しているのかもしれません。
その方が管理が楽になりますから !

 

代行業者の場合通常とは異なります

 

代行業者に落札された場合、代行業者にもよりますが、多くの場合、以下のような通常の取引とは異なるさまざまな注文を受けます。

 

1 落札後、取引ナビでなく独自のメールフォーマットでの取引を要求してきます。

通常の落札者の場合、落札された後は取引ナビ上でのやりとりになりますが、代行業者は取引ナビを使わずに独自のメールフォーマットによる取引を要求してくる場合が多く、トラブルが生じた場合に、規約違反でヤフオクへの訴えが効かなくなる恐れがあります。

 

2 発送商品の送り状に「オークションID」や「管理番号」を記入するように指示

ヤフオクで出品した商品には、その商品にオークションID(商品ID)が自動的に付与されます。
代行業者は毎日大量の商品を落札し、それを商品購入希望者に発送する過程で、商品の取違えを無くすために、オークションIDまたは、独自の管理番号を記入するように指示してきます。


彼らは落札した商品を一旦、自分のところの倉庫事務所などに送らせます。
そして、倉庫事務所に送られてきた無数の荷物の中から、落札された商品をすぐに見つけ出すことができるようにするため、送り状に書かれたオークションIDまやは独自の管理番号を使って照合します。


3 落札した商品の厳重な梱包を要求してくる

代行業者は主に落札した商品を海外に発送するため、出品者に対し、「プチプチを二重にしてほしい」、
「外側は段ボール箱で梱包してほしい」等梱包に関する細かな要求をしてくる場合があります。

 

これは代行業者自身が梱包する手間を省きたいからという理由のほか、海外発送では配達員が日本のよう荷物を丁寧に扱わず、
輸送車などの荷台に摘む際に荷物を投げ入れたりするのが当たり前なので商品が破損するのを防ぐためという理由があるようです。

 

www.kawahanashobo.com

 

4 外国人代行業者の場合、出品情報を無視、日本語が意味不明

外国人代行業者の場合、出品情報を全く読まず(というか読めない?)に落札してくることがあります。
また、落札後のやり取りも翻訳サイトを使っているのか、日本語が意味不明であることも良くあります。

 

まとめ

当店の場合は過去に大きなトラブルはありません。

日本語が意味不明なために、理解するまでに少々時間がかかったケースはありました。

ほとんどの代行業者が個人に比べて入金が少々遅いようです。

今のところありがたいお客様の部類です。

 

 

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

広告

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp