本と無線機の買い取り 川花書房(JA2FJG)

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

一向に捗らない仕事の邪魔をしないでください。迷惑電話のワースト4

一向に捗らない仕事の邪魔をしないでください。迷惑電話のワースト4

 

広告

 

 

Téléphone ancien

 

関連記事

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 


ヤフオクへの出品作業などをしている時に、突然の電話で作業を中断させられる事があります。
フリーダイアルの電話には出ないようにしていますがが、少ないとはいえ買い取りの依頼の電話もあるので、全ての電話を無視することもできない。

 

鬱陶しい電話のトップは、この前にも記事にしましたが、SEO業者からの電話。
最近になってやっとGMOソリューションパートナーからの営業電話は無くなりましたが、他の業者からかかってきます。

 

www.kawahanashobo.com

 


拙い本、無線機の買い取りのホームページがSEO業者にしたら、いいカモに映るのかもしれません。


SEO業者のなかにはは直接コンタクトを取りたがる業者も少なからず存在します。
「資料をもって来宅します」とか「近くの喫茶店でお会いしたい」等あの手この手でお誘いがかかります。
もちろん今のところその気はまったくありませんので、丁重にお断りしておりますが !


結構高額で、当店にはそんな余裕はありません。

 

成果報酬型を謳い文句にしている業者もいますが、契約の成立が営業社員にとっての成果報酬型になっているのではないかと勘繰るほどしつこいんです。


営業電話通りの成果が上がるのなら、そのSEO業者はホームページからの応じきれないほどの問い合わせがあっても不思議ではないと思えるが、そんなに電話営業が必要だろうか?申し込みだけで、手いっぱいで営業電話は必要がないように思いますが。

 

その次にうるさいのが、楽天。
楽天も最近営業電話が多くなった。
楽天もオークションから撤退したり、同業者から余りいい話は聞かないし、そもそもウチの扱っている商品は楽天向きではないと思っている。


新品の全商品に占める割合は極めて少ないので楽天のメリットは感じない。
それと初期費用がベラボーにかかると聞いていたが、最近ではそうでもないようだ。


参入の意志がないので、詳しい事は聞いていないが、出品だけならアマゾンより少し高い程度のようだが、その他にファイナンスに関しても別途必要のようだ。


クリック広告もアマゾンより高く、効果は逆のようだ。
大雑把な感想だが、アマゾンは完全に購入者寄り、楽天はどっちつかずかな。
こちらも今のところお世話になる気はまったくない。

 

次いで厄介なのが、リサイクル業者だ。
どうやって電話番号を調べているのか、それともランダムにかけてくるのか、分からないが、結構かかってきます。


結構名古屋あたりの業者もいるようだが、名古屋辺りから出かけてきて割に合うのだろうか?
これだけ業者が増えたせいで最近買取が少ないのかな。


大概はこちらも「古物業者です」と言えば早々に切り上げてくれるが、なかには舌打ちをする業者もいる。

 

最後に通販業者。

内容は海産物から健康食品まで業種はさまざまである。

過去に利用した業者も含まれておりますが、最近特に多いと感じるのが、北海道の海産物問屋です。

他にも保険の勧誘もあります。

 

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

広告

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp