読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本と無線機の買い取り 川花書房(JA2FJG)

全国送料無料 古本、無線機の買い取り、修理をしています。

今川義元は通説通り公家かぶれの「輿」に乗ったダメ大名だったのか?

今川義元は通説通り公家かぶれの「輿」に乗ったダメ大名だったのか?

 

今川 義元

 

大河ドラマ「おんな城主 直虎」では早々と姿を消してしまいましたが、春風亭昇太演じるところの今川義元(いまがわ よしもと)は果たして通説通り公家かぶれのダメ大名だったのか?

 

広告

 

 

今川氏第11代当主の今川 義元は、戦国時代の駿河国及び遠江国の守護大名・戦国大名で、永正16年(1519年)、今川氏親の五男として生まれています。
婚姻関係により、武田信玄や北条氏康とは義兄弟にあたる。
母は父の正室である中御門宣胤の娘(寿桂尼)。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」では浅丘ルリ子が演じています。

 

生まれた時は既に跡継ぎとして、同母兄の氏輝がいたために4歳で仏門に出され栴岳承芳(せんがくしょうほう)と称し、教育係を務めた今川家重臣出身の僧・太原雪斎と共に京都に上り、五山に学ぶ等、学識を深めております。

 

その後、家督を継いでいた氏輝の命を受けて京都から駿河に戻るが、その直後の天文5年(1536年)に氏輝が急死する。
この時点ではまだ兄の彦五郎がいたために継承権はなかったが、不思議な事に彦五郎までもが氏輝と同日に死亡したために継承権が巡ってきた。

これには諸説あるようです。


母親の寿桂尼後押しもあり、重臣たちから還俗を乞われた承芳は主君であり本流に当たる征夷大将軍・足利義晴から偏諱を賜り、義元と名乗った。

だが当主継承は有力家臣の福島(くしま)氏が反対し、最終的に福島氏は自家の血を引く義元の異母兄・玄広恵探を当主として掲げて反旗を翻します(花倉の乱)。
恵探側は今川館に攻め寄せる等攻勢をみせたが太原雪斎・岡部親綱ら義元側の家臣団の奮戦の前に苦戦が続いた。


加えて義元が伊豆国後北条氏からの支援を得ることに成功すると一層敗色は濃厚とり、花倉城の陥落を以って恵探は自害した。
内乱を鎮めて家督相続を果たした義元は今川氏当主となり、自らに忠義を示した家臣を重用して支配体制を整えます。


このように合理的な軍事改革等の領国経営のみならず、外征面でも才覚を発揮して今川氏の戦国大名への転身を成功させています。
所領も駿河・遠江から、三河や尾張の一部にまで拡大する等、戦国時代における今川家の最盛期を築き上げる戦略的にも大変優れた功績を残しております。

 

甲斐国の守護・武田信虎の娘(定恵院)を正室に迎え、武田氏と同盟を結んだ(甲駿同盟)事から、自らの当主継承にも助力した北条氏綱の怒りを買い、天文5年(153年)、
北条軍は駿河国富士郡吉原に侵攻します(第一次河東一乱)。


花倉の乱による内部対立を引き摺ったまま家臣団の統制がとれなかった今川軍は、北条軍に対して適切な反撃が行えず河東(現在の静岡県東部)を奪われてしまいます。
義元は武田の援軍と連帯して領土奪還を試みますが、花倉の乱で恵探側に組した堀越氏・井伊氏といった遠江に基盤を置く反義元派の武将らが義元から離反したため、家臣の反乱と北条氏の侵攻との挟撃状態に陥り、河東は北条氏に占領されたままとなります。

 

天文10年(1541年)、苦杯を嘗めさせられた北条氏綱が死去、北条氏は氏康が家督を継ぎます。
同年5月25日に甲斐国の武田信虎は嫡男の武田晴信(信玄)を伴い、信濃国の諏訪頼重や村上義清とともに信濃佐久郡侵攻を行う(海野平の戦い)。
信虎は6月4日に甲斐へ帰国すると、6月14日に義元訪問のため駿州往還を経て駿河へ出立するが、晴信により路地を封鎖されるクーデターが発生する。
義元は信虎の身柄を預かりつつ、家督を相続した晴信とも同盟関係を続け、高遠合戦では武田に援軍を派遣した。
この辺の件はやはり大河ドラマ「武田信玄」や「風林火山」に描かれております。

 

天文14年(1545年)、義元は氏康と敵対する山内上杉憲政と同盟を結び、北条氏を挟み撃ちにする作戦に出ます。
同年8月22日、義元と憲政との同盟によって河東と関東方面に戦力が分断される形となった北条軍に対して、義元は武田の援軍を得て河東に侵攻し、同じく関東においては両上杉氏(上杉憲政・上杉朝定)が古河公方・足利晴氏らと連合し8万の大軍で河越城を包囲した。


河東では今川軍が北条軍を打ち破り、関東では上杉連合軍が河越城を包囲し続け、北条軍は西の今川軍と東の上杉連合軍との挟撃状態に陥り、窮地に立たされた。
進退窮まった氏康は武田晴信に仲介を頼み、義元との交渉で河東の地を今川家に返還するという条件で和睦、今川氏は北条氏との争いに実質的に勝利した。

 

一方、三河においては西三河の松平広忠の帰順を受け、嫡男・竹千代(後の徳川家康)を人質に迎え入れる約束を交わし、尾張の織田家の妨害を受けつつも、着実に三河勢の従属化に努めていった。
この際、護送を請け負った三河田原城(愛知県田原市)の国人領主・戸田康光が裏切って竹千代を敵方の織田氏に送り届けてしまうという事件が起こった。
これは前年に義元が戸田氏の一族である戸田宣成、戸田吉光の一族を滅ぼしたため、
戸田宗家の当主であった康光が反乱を起こしたものであった。
これ対して義元は戸田宗家を武力でもって徹底的に滅ぼし、その居城であった田原城に有力家臣である朝比奈氏を入れた。

 

天文17年(1548年)、義元の三河進出に危機感を覚えた織田信秀が侵攻してくるが、
義元の軍師である雪斎と譜代重臣である朝比奈泰能らを大将とした今川軍は織田軍に大勝しています。

更に天文22年(1553年)には亡父の定めた今川仮名目録に追加法(仮名目録追加21条)を加え、これによって現在の今川領国の秩序維持を行っているのは足利将軍家ではなく今川氏そのものであることを理由に、室町幕府が定めた守護使不入地の廃止を宣言し、守護大名としての今川氏と室町幕府間に残された関係を完全に断ち切った。
これは、今川氏は既に室町幕府の権威によって領国を統治する守護大名ではなく、
自らの実力によって領国を統治する戦国大名であることを明確に宣言したものでもある。

 

天文23年(1554年)、嫡子・今川氏真に北条氏康の娘(早川殿)を縁組し、武田氏・北条氏と互いに婚姻関係を結んで甲相駿三国同盟を結成。

また弘治元年(1555年)に行われた第二次川中島の戦いでは武田晴信と長尾景虎の仲介を行って両者の和睦を成立させたり、駿河・遠江・三河で検地も実施しています。

 

永禄3年(1560年)5月には那古野城を目指し駿・遠・三2万余の軍を率いて尾張国への侵攻を開始。
織田方に身動きを封じられた大高城(現在の名古屋市緑区大高)を救うべく、大高周辺の織田方諸砦を松平元康などに落とさせる。
幸先良く前哨戦に勝利した報せを受けて沓掛城で待機していた本隊を大高城に移動させる。
ところがその途上、桶狭間(おけはざま)山で休息中に織田信長の攻撃を受け、松井宗信らと共に奮戦するも、織田家家臣・毛利良勝に愛刀・左文字の太刀と首級を奪われた。

 

今川 義元は本当にダメ大名だったのか?
前述のように知略、戦略にも長けておりますし、また「海道一の弓取り」の異名もあります。
義元が太っていて馬に乗れなかったという説が多く聞かれます。
この事が義元のマイナスイメージになっていますが、これは後の世にに創作されたもののようです。
織田信長を讃えるために今川義元のイメージが作られていったと思われます。

 

確かに、彼は輿に乗っていました。
今川家は室町幕府将軍の足利家と密接なつながりがありました。
そのため、将軍から輿の使用を認められていたのです。
これは特別待遇で、そう簡単に許されることではありませんでした。
これを誇示するために、主に輿に乗っていたと考えられます。

 

そのため、彼が馬に乗れないという説につながってしまったようです。
もちろん、実際の義元は馬に乗れます。
「信長公記」に、桶狭間の戦いで退却する際、彼が馬に乗っていた記録があります。

また討ち死にした際も勇猛果敢に戦ったとも記されています。

 

大河ドラマ「おんな城主 直虎」はこのあとどのように描かれていくのでしょうか!

 

 

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

広告

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp