本と無線機の買い取り 川花書房(JA2FJG)

全国送料無料 古本、無線機の買い取り、修理をしています。

何故か昨日の記事が政治と経済の新着エントリーに記載されました。

 何故か昨日の記事が政治と経済の新着エントリーに記載されました。

 

book-off

 

広告

 

 

記載の基準などはまったくわかりませんが、何故か昨日の記事が政治と経済の新着エントリーに記載されました。

 

www.kawahanashobo.com

 

その結果初体験がいろいろありました。

お陰で今まではせいぜい数件のコメントでしたが、多くのコメントを頂戴しました。

コメント頂いた方ありがとうございました。

総じて記事の内容そして小規模店舗、古書店の存在についてともに否定的な意見が多かったように思います。

大変参考になりました。ありがとうございました。

 

もともと当店は古本屋として修行を積んだわけでもありませんので、本の流通等に詳しくもありません。

少し昔の話ではありますが、知り合いの本屋さん(古本屋ではありません。教科書も扱っている書店)は息子さんを修行に出しておりました。

今では立派に跡を継いでおられます。

古物商の許可を取得しリサイクルの一環として古本を扱っているに過ぎません。

但し本は好きです。

 

本屋の努力が足りないという意見もございました。

たしかに努力不足もあると思います。

私が学生の頃は定期購読の月刊誌などは1冊でも配達してくれておりました。

現在もこういったサービスをしている書店は私の知る範囲ではありません。

 

ブックカフェにという意見もございましたが、誰でもがやれることではありません。

立地条件、資金の問題もあります。

 

「古本屋が亡くなれば新刊しか手に入れるすべがなくなるので出版側としては最高にハッピーなんじゃないかな?」という意見もございましたが、消費者側に立てばどうなんでしょう!

新刊書店が少し古くなって売れにくくなった本をいつまでも置いておけるだけのキャパがあるでしょうか!

そうなるとおっしゃるように新刊しか手に入らなくなってしまいます。

 

高名な作家も神保町の古本屋で資料としての古本を漁ったとの話も聞きました。

古本はゴミとして処分すればいいと言う意見も同様の理由で反対です。

少し古くなった本は図書館等でしか見られなくなります。

個人で手許に置いておきたい方も大勢おられます。

 

いつもは1日のPV数が100から200くらいですが珍しく3000を超えました。

 

PV数

久々の1000超えです。

Googleアナリティクスのリアルタイムも80台までいきました。

今まではせいぜい10くらいでした。

これくらいの数字になると見ていても楽しいです。

 

Googleアナリティクス

 

また常体と敬体の使い分けについて指摘をいただきました。

よく読んでいただけたからこその指摘と思っております。ありがとうございました。

そうなんです。その辺がいつまで経ってもみっともない文章を書いている原因です。

 

弱小ブログでもたまにはこういう事があると励みになります。

  

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

広告

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp