本と無線機の買い取り 川花書房(JA2FJG)

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

名古屋からわざわざヤエスのFT-736をお持ちいただきました

名古屋からわざわざヤエスのFT-736をお持ちいただきました

 

広告

 

 

FT-736

 

 

名古屋からわざわざヤエスのFT-736をお持ちいただきました。

昨日の記事の通り遠方のお客様からの買取依頼にはいろいろと問題があります。

結構遠方からも問い合わせはありますが、少量だとわざわざ出かけて行くわけにもいきませんし、送ってもらうにも当然送料がかかりますので、その分査定額は下がります。

これまで遠方のお客様からの宅配買い取りはほとんどありません。

フェイスブックのお友達からの2個口の買い取りが唯一あるだけです。

 

www.kawahanashobo.com

 

ただ持ち込んで頂く場合は話は別です。

少量でももちろんOKだしこんなありがたい事はありません。

持ち込みであればある程度の測定器は揃っておりますので、その気になれば点検、測定も可能になります。

ただこれまでは測定までやった事はなく、外観の点検が精一杯です。

 

今回お持ちいただいたヤエスのFT-736は元箱に入ったまま長期にわたって保管してあったようで、年代の割にはキレイな商品です。

残念ながら50MHz,1200MHzのオプションはありません。

これらのオプションが付いておると査定額はかなりアップします。

遠くからお持ち頂いたので少しは上乗せしておきました。

あと取説、マイク、デュープレクサー、プリアンプが付いておりました。

 

私は過去にFT-736は実際に使った経験はありません。

マイクロウェーブに夢中になっていた頃どうしても1200MHzのオールモード機が欲しくなり、ケンウッドのTS-790を購入し、現在も使っております。

 

FT-736には他のメーカーのV/U機にはないVOX関係とエレキーのツマミがついております。

多分コストダウンのためFT-767とケースを共用したためと思われます。

 

簡単なテストは行いましたが、VRのガリもなく問題はないようです。

ただケンウッドのTS-790がありますので自分で使う事はなさそうです。

できればTS-790も片付けたいところです。

V/UのSSBやCW運用はこれからはやりそうもないので、もう少しコンパクトなFM専用機で十分です。

 

ケンウッドのTM-842が一台余っているのですが、これは144MHz帯がなく、50MHz帯がオプションで入っております。

50MHz帯はHF機に付いているし、50MHz帯よりは144MHz帯のほうがよく使いそうなのでイマイチです。

 

144MHz,430MHz,1200MHzのトライバンドがベストですが今のところクルマに搭載してあります。

あまりクルマには乗らなくなりましたが、やはりクルマにないのも寂しいので、適当なものが入荷するまではこのままの状態が続きそうです。

 

 

 

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

広告

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp