読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本と無線機の買い取り 川花書房(JA2FJG)

全国送料無料 古本、無線機の買い取り、修理をしています。

宅配便問題は配達時間帯指定配達の見直しと一括配送で解決するのか!

宅配便問題は配達時間帯指定配達の見直しと一括配送で解決するのか!

広告

 

 

関連記事

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

大きな社会問題化している宅配便の問題に係るヤマト運輸の労使交渉が16日に妥結しました。
宅配便最大手のヤマト運輸は、配達時間帯指定配達を見直し、再配達の受付時間を短くすることなどを決めた。
今春闘の労使交渉で労働組合に回答し、16日妥結した。
荷物の急増と人手不足で厳しさを増しているドライバーの労働環境を改善するには、
利用者向けの手厚いサービスの見直しが必要だと判断した。
インターネット通販等のサービスの縮小につながる可能性がある。


指定できる配達時間帯のうち、利用が比較的少ない「正午~午後2時」と、幅が短く多忙になりがちな「午後8~9時」を廃止し、「午後7~9時」の時間帯を新設する。
6月中に実施する。


「正午~午後2時」の廃止はドライバーが昼食もまともに摂れない状況の改善のため。
当店の発送に関しては配達時間帯指定はあまり無く、全体の1割以下である。
しかし共稼ぎ世帯等では配達時間帯指定は通販を利用する以上必要だろう。
今のところ「正午~午後2時」の廃止と「午後8~9時」を廃止し、「午後7~9時」の時間帯を新設に留まっているが、さらに進んで午前と午後の指定だけになったり、時間指定そのものが無くなると、最重要課題の再配達の増加につながらないかという心配はあります。

 

再配達の受付時間は午後8時の締め切りを1時間繰り上げて午後7時にする。
4月24日から実施する。

 

組合側の要求に応えて、終業と始業の間に最低10時間の休息時間を確保する「勤務間インターバル規制」を10月から導入することでも労使が妥結した。
政府の「働き方改革」で残業時間の上限規制を巡る議論が大詰めにきている。
トラックドライバーを含む自動車運転者はこれまで、36(サブロク)協定の適用除外となってきたが、今回の規制ではトラック業界も適用される方向だ。
妥協した以上対応策はあるのだろうが、下請けの増加?

 

荷物量の多い法人客との契約内容を見直し、荷物量を適正な範囲に抑えることも確認した。
従業員の負担を軽減するため、一部商品の廃止やリニューアルも検討する。


アマゾンをはじめとする大口の顧客との契約内容の見直しの交渉をしやすくするために、ヤマト運輸としてはあまりやりたくない個人客への値上げに踏み切ったものと思われる。
アマゾンは常に値上げにはシビアであり、仮に値上げを受け入れたとしてもサービスレベルのアップを交換条件として突きつけるだろう。
これは2013年の佐川のアマゾンからの撤退がいい例である。


しかしある程度のところで妥協してアマゾンも受け入れるしか方法はない。
ヤマトが撤退しても今の日本郵便にアマゾンの発送を一手に引き受けるだけの力はない。


これによってアマゾンのサービスの一部が廃止または制限されるかはたまた値上げとなるか、いずれにしても今回の問題は利用者にとっても少なからず影響があるだろう。

 

全体の扱い量に占める個人客の利用の割合は微々たるものである。
まだ値上げ幅は決まってないようだが料金によっては個人客の値上げによる増収よりも、客離れによる減収の方が多くなる可能性もある。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ヤマトと佐川急便、日本郵便の3社が連携し「一括配送」を強化するとして、高層ビルからやがて一軒家まで広げていく方針を発表。

 

宅配便最大手のヤマト運輸は2位の佐川急便、3位の日本郵便と、首都圏の高層ビルなどで荷物を1社に集約して配る連携策を強化する方針を明らかにした。
1社が他社の荷物を預かり一括して届けることで効率化が期待でき、人手不足問題の緩和にもつながる。
高層マンションや一戸建て住宅などにも広げる方向だ。

 

高層ビルでは宅配業者が荷降ろし場に車を止め、台車で入居者に荷物を運んでいる。
荷降ろし場の混雑や、各社の運転手が配達のたびにビル内に入る煩雑さがあり「管理会社から集約を求められることが多い。

 

荷降ろし場は3社の順番待ちとなって待機時間がかかるうえ、3社それぞれに配達員(ドライバー)が必要。
荷物を受け取る側も3社から別々に届くため煩雑になる。
一括配送になれば、共通の配達員だけでよく、受け取りも1回で済むなどメリットが多い。

このためヤマトは東京都港区の高層ビル「虎ノ門ヒルズ」で2014年6月、佐川急便、日本郵便と一括配送を実施。
両社から手数料を受け取り、専用の制服を着たヤマト社員が配達している。


一括配送しているビルは他にもあるが、3社間の調整が必要なため、まだ一部にとどまっている。

しかし、配達員不足が深刻化する中、ヤマトは3社の連携強化が急務と判断。
昨年4月には、東京都多摩市の多摩ニュータウンの団地でも佐川急便と日本郵便の荷物を各戸に届ける一括配送を始めた。

 

一括配送になって問題はないのだろうか?
破損した場合の責任の分担はどうなるのか?
配達に来たついでに発送を頼む人もいるだろうからその際利用者は配送会社を指定できるのか?
その際伝票はどうなるのか、配達員が各社の伝票をもっているのか?
個人的には疑問がいっぱいあります。
該当地域の方がおられましたらその辺をお聞かせください。

 

宅配便の問題は何もタワーマンションや超高層ビルが乱立する大都会だけの問題ではない。
営業所から遠く離れたところの再配達は時間もコストもかかります。

今回の宅配便問題は配達時間帯指定配達の見直しと一括配送で解決するのかはなはだ疑問です。

 

 

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

広告

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp