懐古オヤジのボヤキ録

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

安心して買い物、出品をするために最近のアマゾン事情

安心して買い物、出品をするために最近のアマゾン事情

 

f:id:aki5760mh:20161201114233j:plain

 

広告

 

 

関連記事

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

はじめに

 アマゾンにおける詐欺行為も一段落し、Amazonプライムデーも大盛況のうちに終了しました。

あまりの人気で開始早々にトップページがダウンして繋がりにくくなる状況もありましたが、Amazonプライムデーもすっかり定着してきました。

 

アマゾン自体は詳細な数字を公表しておりませんが、2500億円超ともいわれています。

わずか30時間でこの数字です。

ちなみに一番売れた商品はAIアシスタント「Alexa」対応スピーカー「Amazon Echo」関連商品だったようです。

 

少々古い話になりますが、巨大な「黒船アマゾン」が2000年に日本語版サイトをオープンし、2002年にはAmazonマーケットプレイスをオープン。

2009年にはFBAの開始、各地で巨大倉庫の建設と次々に新たなサービスを展開。

とにかく購入者、出品者ともに爆発的に増え続けてております。

 

そんなアマゾンも3.11以降随分様変わりしました。

主婦、大学を卒業してもそのまま職につかず、いわゆる「セドラー」としてせどりを続ける方や古本屋さんの参入。

ブックオフもかなりの店舗がアマゾンで出品しております。

FBAのおかげで在庫スペースの心配がなくなったのが、出品者の爆発的な増加の大きな一因です。
3.11後に一時FBAの新規の受付を制限しておりましたが、その後各地に巨大な倉庫をつぎつぎに建てて対応しておりますが、それでもFBA倉庫での入荷の遅延は日常茶飯事です。


長期在庫品の保管料を値上げしたり、一時的にFBA在庫の返送を無料にして在庫を減らす努力をしているようですが、「焼け石に水」状態!


当店もその恩恵にあずかって返送してもらいました。
今その整理がたいへんです(笑)

 

出品者の増加による弊害

 

参入業者の大幅増加による弊害はさまざまありますが、なんといっても競争激化による価格の低下です。
出品時には最低価格が1,000円の本が一週間で100円なんてこともたびたびです。


さらには価格の低下による購入者の増加。
これはアマゾンの望むところでしょうが、購入者の質の低下も事実です。
アマゾンのシステムを悪用した出品者への要求。


1 低評価をちらつかせて暗に返金を迫る。とにかく出品者は評価に弱いです。
  まねをしてはしてはだめですよ!
2  一か月近く経過してからクレームをつけて、前記同様の行為。
  どんな厚い本でも一か月あれば読めます。その後返却!
3  登録の住所がいいかげん。これは今に始まって事ではありませんが、一向に改善されません。

 

詐欺行為

アカウントが乗っ取られ、20000件近くの取引が成立した例もあるようだ。

Amazonマーケットプレイスで注文した商品が届かない。
昨年末ごろから、そんな詐欺業者によるトラブルが増えているようだ。
購入代金はAmazonが返金してくれるが、氏名や住所などの個人情報が抜かれてしまうとして、消費者に不安が広がっている。

 

現在はアマゾンも対策をし、少し落ち着いているようです。

 

現状の問題点

 

1 中国の業者の大量の参加によって、意思の疎通によるさまざまな問題が発生し、これによるアマゾン全体の評価の低下。
  セラーフォーラムにgoogle翻訳と思われる多数の意味不明の投稿が結構あります。
  その大部分がアカウント停止等に関しての投稿です。
2 無在庫販売業者の増加、これも昔からありましたが、急激に増加しています。
3 注文の保留が一週間あるので、それによる販売価格の低下。
4 評価の基準ならびに削除、注文の保留期間、返品の期限等の見直し。

 

 

 よろしければこちらもどうぞ

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

広告

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp