本と無線機の買い取り 川花書房(JA2FJG)

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

年末のクソッ忙しい時に無駄な事に時間をとられています

年末のクソッ忙しい時に無駄な事に時間をとられています

 

track

 

関連記事

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

広告

 

 

昨日、今日と年末の忙しい時に自分のミスで、まったく無駄な時間を過ごしております。

そろそろ年賀状を印刷と思ったらパソコンにあるはずの「筆ぐるめ」がありません。

この事は明日また投稿投稿しますが、今日一番の無駄はウチからヤマト運輸までの2往復でした。

 

少々珍しい形状のアンテナがヤフオクで落札されました。

直径が1メートルくらいのアルミのパイプでできたアクティブアンテナです。

ちょうどフラフープのような形状です。

通常の物は日本郵便の集荷に頼っておりますが、この形状ではゆうパックでは送れません。

発送可能なのは佐川急便、西濃運輸、ヤマト運輸くらいでしょうか。

運賃と配達までの日数を考えなければ他にもありますが!

 

私のウチはトラックターミナルの一角にあります。

そのため夜など少々うるさいし、結構でかいトラックが通ると振動もあります。

佐川急便、西濃運輸等は歩いて行けるくらいすぐ近くです。

西濃運輸は小口で利用するには敷居が高そうですし、佐川急便は昔のイメージがあり、

一般の購入者の評判がよくなかったので利用しませんでした。

 

佐川急便も一時期佐川男子などの写真集もでるし、評判も徐々に良くなってきておりましたが、ここへきてまたおかしくなってきました。

ドライバーの替え玉事件や昨日、今日とテレビで報道された荷物のたたきつけ事件等。

ネットで1か月に絞って「佐川急便」で検索すると上位30件くらいはたたきつけ事件と遅配の事がほとんどです。

 

遅配に関してはなにも佐川急便に限った事ではなく、ドライバーの人手不足と高齢化によって運送関係の業者はどこもが抱えている問題だと思います。

特に佐川急便、日本郵便、ヤマト運輸の3社はアマゾンが大きくかかわっています。

アマゾンも昔はほとんどが佐川急便だったのが、ヤマト運輸が加わり、近年は日本郵便も多くなってきました。

アマゾンの当日便をはじめとするサービスに振り回されているようにも感じられます。

聞くところによると各社ともアマゾン最優先で対応しているとも聞きます。

 

すぐに届くサービスも確かに購入者にとってはありがたい事ですが、これによる弊害もさまざまな形で出てきているように思います。

消費者も利便性だけを追求する姿勢は改める時期にきているかも!

 

話が少々回り道をしてしまいましたが、ヤマト運輸はトラックターミナル内にはなく、

かなり離れております。

昔はヤマト運輸を利用していましたが、現在は日本郵便に替えてしまいましたので、当然伝票もありません。

 

梱包を終え、送り先の情報をメモ用紙にひかえてヤマト運輸まで行き伝票を書いているとなんと名前をひかえてくるのを忘れておりました。

こんな時に限ってスマホを持っきておりません。

スマホがあればなんとかなったのですが、しかたなく引き返す羽目になりました。

都合2往復まつたく無駄な時間を過ごしてしまいました。

 

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

広告

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp