本と無線機の買い取り 川花書房(JA2FJG)

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

早いものでアマゾンで出品を始めてからいつのまにか7年目になりました

早いものでアマゾンで出品を始めてからいつのまにか7年目になりました

 

f:id:aki5760mh:20161201114233j:plain

 

 

広告

 

 

 

関連記事

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

アマゾンの出品形態



早いものでアマゾンで出品を始めてからいつのまにか7年目になりました。
アマゾンの形態には小口、大口さらに大口にも「プロマーチャント型」と「出店型」の2種類があって都合3つの出品形態がありました。
当初は不要になった本や、無線機買い取りの際に、ついでに買い取った古本の出品でしたので、小口からスタートしました。
その後買い取り量も増えてきましたので、大口に変更した際に「プロマーチャント型大口出品」になりました。

 

「プロマーチャント型」のメリットとデメリット


「プロマーチャント型」と「出店型」の両者の違いが良く解らないまま出品を続けてきましたが、「プロマーチャント型」は購入者の電話番号が開示されない、出品できないカテゴリーがある等の不都合がある事に気付いたのは変更後2年も経過した後でした。


購入者の電話番号が分かれば、住所の不備等があった際に、読んでもらえるかどうかわからないメールでの連絡よりも確実になると思っておりました。


しかし後で分かった事ですが、アマゾンのガイドライン通りに運用するならば電話での問い合わせはNGです。
禁止活動には「電話番号を使用して購入者に連絡しないでください。注文について購入者に連絡する場合は必ずマーケットプレイス・メッセージ管理を使用してください。」
と明記してあります。

 

「プロマーチャント型」と「出店型」のでは手数料は変わらないのにいくつかの不都合がある事がわかりました。
その時点で「出店型」への変更も考えましたが、そのためには「プロマーチャント型」を解約し、改めて「出店型」で登録をしなければなりません。
築いてきた100%で1000くらいあった評価も1からの出直しです。

 

それにFBAを含めて出品中の商品をいったんすべて取り下げ「出店型」に変更してから改めて出品をし直さなければなりません。

これは大変な作業で手間と時間がかかります。


その後100%の評価も購入者の理不尽な評価によって100%を切ってしまい、最近の評価の付きづらいアマゾンの現状もあって数値を回復する事は出来ておりません。

スマホでアマゾンを利用している人は評価をつける事が少ないようです。

 

www.kawahanashobo.com

 

「プロマーチャント型」の唯一のメリットはアマゾンでは通常2週間ごとの支払いなのですが、いつでも申し込めば振り込んでもらえる事の一点だけです。
ただこれも7年間で1度も途中で振り込んでもらった事はないので無用の長物です。

「出店型」への移行


「出店型」に移行するには前述のように長年築いてきた評価がゼロからのスタートになり、出品もし直さなければならないという、非常に高いハードルがありました。

 

そんな訳でそのままになっておりましたが、昨年になって評価も出品もそのまま引き継いで「出店型」に移行できるようになった事を知り、早速変更手続きを行い無事「出店型」になりました。


「 出店型」になってから


早速今まで出品できなかったJANコードのない無線関係のパーツ類のJANコードの免除の申請を行いました。
通常3-5営業日かかるとありましたが、その時は1時間ほどで許可がおりました。
後日申請した時は許可がおりたのは、翌日でした。
何点か申請したのですが、そのうちの1点に対してはアマゾンから電話で問い合わせがありました。
その時の状況、或いは担当者によって異なるようです。

いずれにしてもかなりスムースに事が運んでおります。
ただ登録しても一向に売れません。


アマゾンで検索してみると該当商品がヒットしない。
どうやら重要情報、出品情報、画像だけの登録では検索の対象外になるようです。
説明、キーワードを登録したら無事検索できるようになりました。

アマゾンはガイドライン等を理解するのはかなり難しい


ヤフオクもそうだがアマゾンはより一層説明を理解するのが難しい。
アメリカ生まれなので仕方がないのか、私の理解力が乏しいせいか。
ソフトと連動さすにもアクセスIDキー、シークレットキー、SellerID,MWS-API等
結構ジジイには厄介でその都度悩んでおります。
それよりももっと深刻な悩みはアマゾン向けの商品の買い取りがない事です。

 

 

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

広告

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp