本と無線機の買い取り 川花書房(JA2FJG)

全国送料無料 古本、無線機の買い取り、修理をしています。

街の本屋さんがドンドンなくなっております ! アマゾンだけが本屋ではない

街の本屋さんがドンドンなくなっております ! アマゾンだけが本屋ではない

book-off

 

広告

 

 

「本が売れない」と言われて随分経ちましたが、小規模書店を中心に閉店が相次いでいます。
町の本屋が次々と姿を消していくこの現状はなんとかならないものでしょうか。
新刊本を扱う通常の書店とともに街の古本屋さんも地方では絶滅の危機にあります。
人口19万弱の当地には個人経営の古本屋さんは一軒もありません。
お隣の人口約38万の豊橋市でさえ現在一軒しか営業しておりません。
余談ですが私の子供の頃には貸本屋なる商売も存在しておりました。

 

2016年に倒産した書店は前年比1.5倍に急増しました。
負債総額は前年比55.4%増の52億9800万円です。
直近5年では、倒産件数と負債総額共に最高水準に達しています。
また、負債1億円未満の倒産が13件と小規模事業者が過半を占め、小規模書店の厳しい実態が浮き彫りとなっています。

日本出版販売の『出版物販売額の実態 2016』によると、全国の書店数はこの10年で25%も減少しています。
2006年には1万4555店ありましたが、2015年には1万855店にまで減っています。

 

インターネットやスマホ、ゲーム機の普及などで本離れが加速しています。
出版物の推定販売額も右肩下がりで減少し続けています。
2006年には2兆4,933億円ありましたが、2015年には1兆7951億円にまで減っています。
10年で28%も減少しているのです。

 

電子書籍の普及も、紙の書籍を扱う書店にとっては大きな脅威となっています。
2015年度の電子書籍の推定販売額は前年比35.2%増の1864億円で構成比は9.4%に拡大しています。
紙媒体が縮小しているのとは対照的です。

 

小規模書店が苦戦しているのに反して大手の書店の業績は好調です。
「TSUTAYA」や「蔦屋書店」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラ(CCC)傘下のTSUTAYAは2月3日、2016年の書籍・雑誌の販売額が1308億円で、1994年より22年連続して過去最高額を突破したと発表しました。
また、CCCの2015年度の売上高は2392億円で増収を達成しています。

CCC以外の大手も好調です。
2015年度の紀伊國屋書店の売上高は前年比1.8%増の1086億円、丸善ジュンク堂書店は759億円、未来屋書店は8.3%増の548億円
、有隣堂書店は4.0%増の524億円です。


本屋さんの減少の原因は活字離れ、週刊誌など雑誌の不振、Amazonなどネット書店の台頭、大型店舗への集約化など様々です。


これは通常書店の話で、古本屋の場合は少し事情が異なっております。
古本屋については供給過多により古本の価格が下がり続けております。

実感として、ここ数年、古本の買取、販売価格とも下がり、体力のない町の古本屋さんがバタバタと倒れている。
1.大手チェーン店が古本相場を下げる(買取価格、販売価格は上げています)
     ↓
2.これまで高値買取してきた古本屋が経営難、倒産
     ↓
3.大手チェーン店に古本が集まる、買取価格さらに下がる
     ↓
4.古本の買取で、新しい本を購入していた消費者の財布が寂しくなる
     ↓
5.消費者が新刊、古本ともに購入しなくなる
     ↓
6.大手チェーン店はさらに販売価格を下げる、利益を出すために買取価格も下げる
     ↓
   1に戻る

 

当店も例外ではありません。
一冊100円で仕入れて500円で出品しても物によっては一週間で半値、一月で原価割れ、三月もすれば1円本となります。
これではとても強気の買取りはできません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

そればかりか、快進撃の出店を続けてきた大手チェーン店も、古本デフレに苦戦を強いられている様子だ。

古本最大手チェーンのブックオフコーポレーションの売上高は、2000年から10年間は右肩上がりで2002年246億円から2009年605億円に倍増している。
しかし、ブックオフが全国展開を加速する中、純利益は近6年、10億円前後でうろうろしている。

 

ブックオフは1990年5月 - 創業者の坂本孝が、BOOK・OFF直営1号店(神奈川県相模原市)開店
それまでの古本屋の形をうち破り、「新古書店」と呼ばれる新しい古本屋の形態を作り上げた。
店内はコンビニエンスストアの様な照明にし、店舗面積を広めにとり、さらに商品の臭いを抜くための対策を施し、古本業界ではタブーであった立ち読みも可能にした。
これが受け入れられ、チェーン店が全国へ広がった。

 

橋本真由美が、2006年6月24日付でブックオフの社長に就任した(現在は取締役相談役)。
パートタイマー出身者が東証一部上場企業の経営トップに就くのは、非常に珍しいことであるとして、脚光を浴びた。
「お売りください」というキャッチコピーを使い、マーケティングが成功した功績があったためと言われている。


BOOK OFF創業時のスタッフであるが、採用当時はパートタイマーであった。
東証1部上場企業において、新卒採用ではなく創業者と血縁関係の無いパートタイマー出身者が経営トップに就くのは非常にまれなケースとして脚光を浴びた。
タレントの清水國明は実弟。
その縁で、清水がブックオフのイメージキャラクターとなって同社のコマーシャルに出演していた。


2007年に不正売上とリベートの受取りの責任を取って、当時坂本孝会長が辞任。
2007年頃から中古市場の縮小に伴い旗艦店であった原宿店や本社周辺など全国的に閉店が相次ぎ、2016年3月期には営業利益が赤字に陥るなどした。
閉店を加速させると同時に設立当初は参入に消極的であったブックオフオンラインやイーブックオフなどのウェブ店舗を積極的に展開することや、ヤフーとの資本業務提携などの方針転換が行われている。

 

創業者・坂本孝は、2007年にブックオフコーポレーションを退社した後、
2009年にバリュークリエイト株式会社を設立し、飲食業に参入した。
当初は串焼き店を営業していたが、2011年、東京・新橋に『俺のイタリアン新橋本店』を開店。
「俺のフレンチ」をはじめとした「俺の」を冠する立食の飲食店業態が好評を博したこともあり、2012年11月に俺のフレンチ・俺のイタリアン株式会社(のち「俺の株式会社」へ社名変更)を設立し、飲食店事業を承継させた。


そのブックオフも業績不振に苦しんでいます。
10日には社長交代の人事を発表しましたが、業績回復の見通しは立っていません。
2012年頃から売上高の伸びが鈍化するようになり、2016年3月期には上場以来初の最終赤字に転落、2017年3月期決算も13億円の赤字を見込んでいます。このため同社は4月10日、松下社長が代表権のない取締役に退き、後任に堀内康隆取締役執行役員が昇格する人事を発表しました。
新しい経営体制で早期に業績を回復したいところですが、足元の状況はかなり厳しそうです。

 

同社の業績が悪化しているのは、主力商品である書籍・ソフト・アパレルの販売が低迷しているからです。
2016年3月期の販売実績(直営店)を見ると、活字の書籍は前年比プラスでしたが、コミックの売上高はほぼ横ばい、その他書籍は前年比マイナスとなっています。
今年に入っても販売不振は続いており状況はあまり改善していません。

 

こうした状況になっているのは、ネットや電子書籍の普及で紙の書籍の市場そのものが縮小したことが大きく影響していると考えられます。
市場環境の変化については同社もよく理解しており、最近は書籍に代わる新しい商材として中古家電に力を入れていました。

しかし中古家電の買い取りは思うように進まず、先行投資を回収できずこれが業績の足を引っ張りました。
当面は書籍以外の商材の拡大を図り、その間に家電の売上げを伸ばしたいところですが、今のところメドは立っていません。
一部からは時代の流れと指摘する声もありますが、一方で中古品の市場は今後、拡大が予想されています。
当面は、新社長がどのような戦略を打ち出すのかに市場の注目が集まりそうです。

 

古本の適正価格が形成され、買値、売値の削り合いが終われば、古本デフレが終わり町の古本屋さんも大手チェーン店も業績が回復するだろう。
古本市場が活発になれば新刊も売れるようになります。
本好きは古本を売って古本、新刊本を買いそれをまた古本屋に売ります。
ここに好循環が回るようになれば皆ハッピーとなります。

 

 歴代天皇に受け継がれる三種の神器に贈与税が発生しかねない

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

広告

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp