懐古オヤジのボヤキ録

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

買い取りしたヤエスのFT-850を引っ張り出して調整しました

買い取りしたヤエスのFT-850を引っ張り出して調整しました

 

FT-850

 

広告

 

 

関連記事

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

ヤエスFT-850
取扱説明書 
サービスマニュアル(英語)FT-890 


「850」と言えば、KENWOOD TS-850 がありますが、他にも杉山電機製作所(現:杉山電機システム株式会社)から 1979年に発売されたF850(S,D)があります。


TS-850は呼び出しがかからずに拗ねたまま、現在でもシャックの隅でくすぶっております。(たまには電源をいれてやらないと)


F850は発売された時は驚きでした。
今では当たり前になってきましたが、HF~144MHzをオールモードでカバーし、デバイスもアマチュア無線機では使われていない CATV用の2SC1426をRF増幅に使っておりました。
欲しかったのですがとても高価で断念した経緯があります。
時たまヤフオクに出品されますが、結構高騰しております。


先見の明があったとも言えますが、先見の明がありすぎて世に送り出すのが少々早すぎたようです。
同社は今では完全にアマチュア無線機の販売から撤退しております。
というよりは唯一販売したのが、F850です。

 

トリオ、ヤエス、アイコムの独壇場だったHF無線機の分野に無線機メーカーとしては無名の杉山電機製作所が参入したのは少し無謀だったのではないでしょうか?


一流メーカーのナショナルやNECですら参入はしたものの、すぐに撤退しております。
高価格(20万円超)のせいもあってあまり売れなかったようです。

 

850と付くものがF850,TS-850,FT-850の3種類もあるのは極めて珍しい事で多分これだけだと思います。

 

今回のFT-850は買い取りしたままそのままになっているうちの一台です。
受信はSSGで測定したわけではありませんが、7MHzを聞いた分には現用の

TS-520,FTDX1200と比べても遜色はありません。
他のバンドはアンテナがありませんし、最近は波を出した事もありません。

 

送信出力は100W以上出ておりますが、筐体が非常に熱くなります。
調べてみるとファンが回っておりません。
温度センサーかOPアンプが怪しいのですが、OPアンプは三菱のM5218Lが使ってあります。
探しましたがパーツボックスにSIPタイプのOPアンプは在庫がないので、ここはそのままにしておきます。
あまりファンの音はうるさくないので常時回るようにしておきます。
まだ少し熱を持ちますがこれでケースに触れる程度になりました。

 

回路図

 

次にリファレンスの調整だが、アレーTP1004が見当たりません。
基板にはTP1004と印刷してあるがピンは立ってない。
サービスマニュアルがFT-890なので、FT-850とFT-890の違いかな?

半田の痕があるのではずしたのかな !

 

20170606181717


ピンが無いのでブローブがあてにくいが、取りあえず10.485760MHzに調整。

オプションのTCXOでなくノーマルのクリスタル発振器なので結構周波数が変動します。もっともカウンターも較正してないので、あまりあてにはなりません。

 

較正したくてもGPSの基準器は売り払ってしまったので、較正のしようがありません。
アナログ放送時代のテレビではカラーバースト信号から取り出せたのですが(ずいぶん古い話)

 

これで取り敢えず使えるようになりました。 

 

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

広告

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp