本と無線機の買い取り 川花書房(JA2FJG)

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

買い取りした古い無線機のメンテナンスにあたり測定器を点検

買い取りした古い無線機のメンテナンスにあたり測定器を点検

 

先日の記事の通り買い取りした古い無線機の測定、メンテナンスに使用する測定器類を整理、点検してみました。

 

広告

 

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

関連記事

スプリアス、IMDの測定にアドバンテストスペアナR3361A

 

アドバンテストスペアナ R3361A

 

アマチュア的に使用するのに必要な仕様の書き出し

周波数範囲 9KHz~2.6GHz

分解能帯域幅 30Hz~1MHz

入力 -130dBm~25dBm

分解能 1Hz分解能

トラゼネ出力レベル 0dBm~-50dBm

随分以前に買取した古いスペアナR3361Aですが、トラゼネがついており、重宝しています。

最近は格安なスペアナも出回っておりますが、今のところこれで十分で、主としてスプリアスと3rdIMDの測定に使用しております。

 

AF,RF信号の波形観測にテクトロにクス 400MHz オシロスコープ 2467B

 

テクトロにクス 400MHzオシロスコープ 2467B

 

アナログ 4チャンネル 400MHz高輝度 MCP CRT

2467Bもスペアナと同時に買取したもので、それまでは岩通の50MHz3チャンネルでしたので、こちらの方がメインになりました。

通常はテスターでの点検が多いのですが、オシロスコープは時間軸がありますので、テスターでは見えないモノが見えてきます。

 

AFはもちろん400MHzあるとRFも測れますし、4チャンネルあると入力と出力が同時にみえますので、テスターでは解らないところも解ります。

オシロスコープもスペアナ同様デジタルオシロスコープが、手軽に入手できるようになってきましたすが、アナログオシロスコープさえ満足に使いこなせない私には無用の長物です。

 

周波数の測定にタケダ理研マイクロウェーブカウンター TR5211B

 

タケダ理研マイクロウェーブカウンター TR5211B

 

カウンターは以前は何台もキットで制作したり、ヤフオクで購入した3GHz位までのカウンターにプリスケーラーを付けて使用しておりましたが、マイクロウェーブを本格的にやるようになってこのマイクロウェーブカウンターをヤフオクで入手。

低い周波数もこれで十分ですので、現在はこれをメインにしています。

残念な事にTrimble ThunderBolt GPS 周波数標準器 を手放しましたので、校正が出来てない事です。

 

ただトランシーバーや受信機の局発の測定と調整位なので、さほど精度は必要ないようにも思われます。

 

最近はGPSモジュールが安価に手に入るようなので、一度挑戦してみようと思います。

 

電圧、抵抗の測定にアドバンテスト デジタル マルチメーター R6552T-R

 

  

アドバンテスト デジタルマルチメーター R6552-TR

 

電圧、電流、抵抗は普段はテスターで間に合わせておりますが、たまにデジタルも使用する時があります。

 

残念な事にアナログテスターが何台もあったのですが、すべて処分した事は後悔しております。

例えばボリュームのガリ等はデジタルテスターでは無理でアナログテスターの出番となってきます。

さほど高価なものでもないので、近々購入の予定。

 

低周波の信号源として岩通のファンクションジェネレーターSG-4311

ファンクションジェネレーターSG-4311

 パルスジェネレータとシンセサイズド・ファンクション・ジェネレータを組み合わせた30/20MHzの高性能で、高機能の信号発生器です。
また、GP-IBによるフルリモート・コントロールが可能です。

 

全波形1mHz~3OMHzの広帯域発振周波数
  SG-4311は1mHz~30MHz、SG-4211は1mHz~20MHzです。
 
PLLによる高い周波数設定確度と安定化を実現
 
最大出力振幅は16Vp-p(50Ω負荷)、32Vp-p(出力端開放)
 
全パラメータと疑似波形(基本波)の同時画面表示
 
外部信号による遅延機能(SC-4311)
 
GP-IBによるフルリモート・コントロール
 
豊富で良質な各種の出力波形
 
余波形デューティ比の連続可変が可能
 
豊富な変調機能
 
多彩な動作モード
 
ホールド端子付

 

以前はよく使用していましたが、最近はWaveGeneで間に合わせております。

 

www.kawahanashobo.com

 

 

スポンサーリンク

 

 

 パワーとSWRの測定にクラニシRW-155D他 

 

 

クラニシRW-155D

 

250W終端型パワー計、クラニシのRW-155Dで他に電話会社で使用していたのをいただいた300Wの終端型パワー計があります。

これはVHFまで使用可能です。

  

CN-720

 

DAIWAのSWR、パワーメーターCN-720

クロスメーターは見やすいです。

  

SP-600

 

WELZのSWR、パワーメーターSP-600

CN-720とSP-600は50MHz迄のパワーとSWR測定。

 

 

RW-112L

 

クラニシのRW-112Lで144MHz,430MHz,1200MHz帯のパワー、SWRの測定に使用。

 

その他の測定器

 

SSGはHF帯の物がシャックに置いてあり、他にも2.4GHzまでのアンリツのSSGやマイクロウェーブのスペアナとか買取した諸々の測定器が1階の書庫に置いてありますが、シャックが狭いし、重たいものばかりなので、今のところ2階に揚げる予定なし。

 

 

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

広告

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp