本と無線機の買い取り 川花書房(JA2FJG)

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

開花宣言はありましたがまだお花見には少々早いようです。 今週末が見頃 !

開花宣言はありましたがまだお花見には少々早いようです。 今週末が見頃 !

各地で開花宣言が出され桜の便りもチラホラと !

出かけたついでに下見をしてきました。

 

花見

 

我が豊川市にはかって東洋一と謳われた豊川海軍工廠がありました。

1939年(昭和14年)12月15日に、当時の宝飯郡豊川町、牛久保町、八幡村の2町1村にまたがる594,400坪(約200ヘクタール)の地に5番目の海軍工廠として開廠されました。
開廠当初は機銃部、火工部と総務部、会計部からなり従業員約1,500名でありましたが、開戦へと進んでいくなかで1940年(昭和15年)から南東側の土地を買収、敷地を更に拡張した。


太平洋戦争では航空機が戦闘の主役の一つとなり、航空機用機銃と対空機銃の需要が高まり工廠は急速に発展していきました。
1945年(昭和20年)2月時点での従業員は職員400名、工員10,000名、徴用工員40,000名、動員学徒6,000名、計56,400名となり東洋一の規模となった。
また工廠周辺には電気、ガスの供給設備、男女工員寄宿舎をそれぞれ10カ所以上設置するなど、それらを含めると広さは330ヘクタールにも及んでおりました。

 

工廠への空襲は1945年(昭和20年)8月7日10時30分、サイパン、テニアン、グアムから飛来したB-29爆撃機124機の爆撃を受け、30分間に500ポンド(250kg)爆弾3,256発(約800トン)が投下され工廠は壊滅した。

この空襲により、およそ2,500名が犠牲となった。

 

戦後の跡地は警察予備隊豊川駐屯地(現陸上自衛隊豊川駐屯地)、国鉄分工場(現日本車輌製造豊川製作所)、千代田光学(現コニカミノルタ瑞穂サイト)、豊川市役所、名古屋大学空電研究所(現名古屋大学太陽地球環境研究所)、熊谷組豊川工場(現テクノス株式会社)などになりました。


「若い血潮の予科練の、七つ釦は桜に錨~! 今日も飛ぶ飛ぶ 霞ヶ浦にゃ でっかい希望の雲が湧く」と海軍飛行予科練習生の唄にあるように当地には各所に桜の名所があります。
昨日その中でもメインの諏訪の桜トンネルを見てきましたが、まだ2.3分咲きといったところで、昨年よりも遅れているようです。
一本だけ薄墨桜がありこちらはほぼ満開です。

 

2.3分咲き

薄墨桜 薄墨桜2


ちなみにこちらは昨年の4月5日の状況です。

 

昨年の桜

 


帰り道に佐奈川堤、桜の馬場がありますが、佐奈川堤はまだ早いようですが、菜の花が満開です。
昼間から何組か菜の花に囲まれて宴会をやっておりました。
桜の馬場もソメイヨシノはまだですが、薄墨桜が満開に近くなっておりました。

 

豊川市では諏訪の桜トンネルを中心に、毎年桜の開花にあわせた「夜桜照明」を始め各種の行事が行われ、期間中はライトアップで夜も見物可能です。

ライトアップ時間.夕刻~21:00
(その年によって日時・期間は変わります)

 

■開催日
3月下旬~4月中旬


■開催場所


①諏訪の桜トンネル周辺 
桜トンネルは、豊川市の中心部、豊川公園の南側にある。
なお、豊川公園の北側にも桜並木はあるが、こちらは通常、桜トンネルとは呼ばれない。

桜トンネルの桜は、豊川海軍工廠が開設された1941年に植樹されたもので、東海地方有数の規模を誇る。

 

②佐奈川堤
桜トンネルの東側にある佐奈川も桜並木となっており、遊歩道やベンチも整備されている。
桜だけでなく菜の花も美しく、春には花を見ながら散歩している人が多く見受けらる。

 

③音羽川堤 
豊川市を流れる音羽川の両岸に約600本のソメイヨシノが咲く。
ライトアップはありません。

 

④稲荷公園
豊川稲荷の裏手にある稲荷公園で、3月下旬から4月上旬にかけて桜が満開となる。
公園全体が桜の木に包まれて、芝生の上に腰を下ろしたり、ベンチに腰掛けて、ゆっくりと花見気分が味わえます。
道路を挟んだ東側には、海軍工廠戦没者供養塔 があり、この供養塔の横にある桜も一緒に楽しめます。
ライトアップはありません。

 

⑤御津山園地
標高94mの小高い山で自然の憩いの場として親しまれ、園地からの眺望は美しく三河湾や東三河市街地を一望する桜の名所として知られる。
毎年4月1日の山開きの式典に、各種催しをタイアップさせ、町のシンボルである御津山山頂で開催される。
期間中の最初の日曜日には写生大会・お茶会・踊り・花木の展示即売会・金魚すくいなどがあり、同月15日までの夜間、山頂の桜をライトアップし、夜のお花見を楽しむことができます。

 

■交通
①諏訪の桜トンネル周辺
・名鉄豊川線「諏訪駅」下車 徒歩10分
・東名高速「豊川IC」から車で17分
■駐車場:豊川市役所の駐車場を利用

②佐奈川堤
・名鉄豊川線「豊川稲荷駅」下車 徒歩20分
・東名高速「豊川IC」から車で11分
■駐車場:なし

③音羽川堤
・名鉄名古屋本線「御油駅」下車 徒歩5分
・東名高速「音羽蒲郡IC」から車で8分
■駐車場:なし

④稲荷公園
・名鉄豊川線「豊川稲荷駅」。JR飯田線「豊川駅」下車 徒歩10分
・東名高速「豊川IC」から車で10分
■駐車場:なし(豊川稲荷大駐車場をご利用下さい。普通車500円)

⑤御津山園地
・JR東海道線「愛知御津駅」下車 徒歩20分
■駐車場:あり(無料)

 

今週末にはどこかに行きたいな !