懐古オヤジのボヤキ録

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

HP/アジレントのSSG 8664Aは余りにも重くて大きいのでバラシてしまいました

HP/アジレントのSSG 8664Aは余りにも重くて大きいのでバラシてしまいました

 

のSSG 8664A

 

 

スポンサーリンク

   

 

www.kawahanashobo.com

 今年のはじめに持ち込みいただいた866A正直持て余しておりました。

HP/アジレントのSSG 8664Aは重量が30Kgオーバーのバケモノです。

余りにも重くて机の上に置く事もできず、床にころがしたままの状態でした。

 

国産のアンリツ製のSSGよりもはるかに頑丈にできております。

ユニットもビスもアルミではなくステンレス ? 製です。

 

ユニット

 

どのみち使えない物ならバラシてしまえという事でバラシにかかりました。

6角穴付きのネジだと思い6角レンチを当ててみましたが、どうもしっくりきません。

老眼の私には6角穴付きのネジだと見えたのですが、ルーペでよくよく確認すると星型のトルクスネジでした。

しかも困った事にすべてのビスがトルクスネジです。

 

トルクスネジ用のドライバーは手持ちがありません。

困った時のダイソーです。

こんなモノがありました。

 

税込み108円の商品に『差替ドライバー』本体に6本のビットがついています。

ビット6本の内容は『プラスドライバー』2本(#1,#2)と『マイナスドライバー』2本(5mm,6mm)、そして目的の『トルクス(別名:ヘックスローブ)ドライバー』2本(T-15,T-20)です。

 

差替ドライバー

 

トルクスネジはT-15,T-20の2本です。

早速買って帰りバラシにかかりましたが、T-15でフレームはバラす事ができましたが、肝心のユニット等はもう少し小さいネジです。

 

次に困った時はアマゾンです。

こんなのがありました。

T3からT10まで揃っておりますので十分です。

 

翌日到着を待って再度バラシにかかります。

しかしまたしても問題が発生しました。

あまりにきつくしまっているので、Kingsdunのトルクスドライバーでは回せません。

グリップが細すぎて力がかかりません。

 

強引に回すとドライバーかネジのどちらかを壊してしまいそうです。

ここでまたまた作業中断。

機械工作に詳しい友人に相談。

するとこんなものを貸してくれました。

 

トルクスドライバー

 

これの方は柄も太く力が加わりそうです。

こうして30Kgオーバーの巨体は小さなユニットといくつかのパーツに化身しました。

 

画像1 画像2 画像3 画像4 画像5

 

外側のケースやフレーム等は解体屋に持って行って処分します。

 よろしければこちらもどうぞ