本と無線機の買い取り 川花書房(JA2FJG)

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

IC-120は国産初のマイコン制御のPLLを搭載した1200MHz帯トランシーバー

IC-120は国産初のマイコン制御のPLLを搭載した1200MHz帯トランシーバー

 

IC-120

 

広告

 

 

 

関連記事

 

www.kawahanashobo.com

 

 

www.kawahanashobo.com

 

 

IC-120は1983年にアイコムから発売になった1200MHz帯のFMトランシーバーです。

 IC-120 アイコム トランシ-バ-  1200MHz FM 1W  89,800

1200MHz帯のトランシーバーとしてはメジャーではありませんが、1978年に三協特殊無線からKF-1200が出ております。

KF-1200 三協特殊無線 トランシ-バ-  1200MHz FM 1W 89,500 

詳細はわかりませんが、水晶発振式のトランシーバーと思います。

 

IC-120は1200MHz帯のトランシーバーとしては国産初のマイコン制御のPLLを搭載して、1260MHzから1300MHzまでの40MHzをフルカバーし、レピーターにも対応しています。

 

当時私はマイクロウェーブに熱中しており、1200MHzのトランスバーターを作っておりました。

IC-120は発売になって間もなく購入しました。

アイコムの無線機を購入したのは1968年に発売になったFDAM-3以来久しぶりです。

今でも時々レピーターで使っております。

 

終段のトランジスターはパーソナル無線用に開発された三菱電機の2SC2392でドライバー段がNECの2SC2558を使用しています。

2SC2558は安価に入手できましたので、よく使っておりました。

この頃は日本のメーカーも各社が無線機用の半導体を製造しておりました。

 

終段の2SC2392は意外にもベース接地で使用しています。

データシートを見ると推奨回路はやはりベース接地でした。

今は終段はすべてモジュールになっており、隔世の感があります。

他のパーツ類もチップ部品ではなく、一回り大きなパーツを使用しています。

 

IC-120はアンテナ切り替えスィツチにモジュールを使用しています。

この辺がさすがにメーカーです。

まだこの頃はアマチュアには簡単には手に入りませんので、高価な同軸リレーを使っておりました。

また3つのVCOを使用して40MHzをフルカバーはとても手が出ません。

 

レピーターの10Wから1Wへの減力や相次ぐメーカーの1200MHzからの撤退と寂しい限りの1200MHz帯ですが、マイクロウェーブの愛好家にとっては、1200MHzの無線機はトランスバーターの親機としては貴重です。

私の知る限りでは現在販売されている1200MHz帯の無線機はアルインコのトリプルバンダー144/430/1200MHz FM トランシーバーDJ-G7しかないようです。

 よろしければこちらもどうぞ