懐古オヤジのボヤキ録

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

PCの動きがのろくなってきたので、HDDをSSDに交換してみました

PCの動きがのろくなってきたので、HDDをSSDに交換してみました

 

SSD

 

広告

 

 

WindosVistaのサポート終了に伴い2台のパソコンを処分しましたので、ここでブログを書いたり、検索に使うパソコンがなくなってしまいました。

 

倉庫で使っていたノートパソコンを持ってきて使っております。

東芝のdynabook B351/22Cで低スペックの代物です。

OSはなかば半強制的に無料アップグレードさせられたWindows10です。

 

2011年にそれまで使っていたDellのデスクトップが突然電源部の電解コンデンサーの爆発で使えなくなり、出荷伝票の印刷のためにどうしてもその日に必要なので、ヤマダ電機まで走り安いのを買ったものです。

 

B351/22C

 

メモリーも2GBしか入っておりませんし、ゴミが溜まってきたのか、動きが遅い。

いずれ倉庫用に1台必要なのですが、先立つものがありません。

 

それまでのつなぎにHDDをSSDに交換する事にしました。

クローンを作るにはHDDの容量よりSSDの容量が大きくてはならないと何処かに書いてありましたが、安くなったとはいえ500GB以上のSSDはまだ結構なお値段です。

120GBのSSDでも問題なくクローンを作成できました。

 

はじめてのSSD交換なので、ダメ元で120GBにしました。

HDDの容量が320GBですが、実際に使っているのは50GBくらいなので、何とかなるだろうで安い120GBにしました。

ダメならば外付けに使います。

 

サンディスクのScsnDisk SSD PLUSです。

アマゾンで6,480円でした。

ついでに2.5インチの外付けハードディスクケースも購入。

 こちらは609円なり。

SSDにクローンを作成のために必要です。

 

クローンソフトはフリーのEaseUS Todo Backup Freeを使用しました。

 先ずはノートパソコンを裏返しにして安全のためバッテリーをはずします。

 

バッテリー

 

次にHDDを取り外してクローンを作成したSDDと交換

 

HDD

 

 

SSD

 

ベンチマークソフトで、スピードの確認

HDDの時メッチヤ遅いです

 

HDD

 

SSDに交換後HDDの時よりは随分よくなったように思いますか゛実際のところは?

実際に起動、シャットダウンにかかる時間を測ったわけではありませんが、感覚的には随分早くなった気がします(今までが遅すぎた)

 

SDD

 

 動画を見たり画像を大量に保存するわけでもなく、ブログを書いたり、検索に使うくらいなのでしばらく様子を見てみます。

メモリーの増設はなるべく早くやります。

 

ただいくらノートパソコンとはいえ持って行ったり、来たりは不便なのでもう1台倉庫用に欲しいです。

 

 

 

ただ今読者募集中、この記事が気に入っていただけましたらポチってください。

 

 

広告

 

 

本、無線機の買い取り依頼は

www.kawahanashobo.jp