懐古オヤジのボヤキ録

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

あのポラリスが謎の「スーパートランシーバーONE」を22万円で

あのポラリスが謎の「スーパートランシーバーONE」を22万円で

 

「Blackbird」

 

 

 

「ポラリスプレシジョン合同会社」とは

ポラリスとは正式には「ポラリスプレシジョン合同会社」で今年3月に設立された新しい会社です。

「サイエンテックス社」のSR-01の開発に関わった技術者数人で立ち上げた会社です。

 所在地は「サイエンテックス社」に近い、静岡県浜松市北区初生町1273番地の1クリサンテA102号です。

 

3月に立ち上げたばかりのポラリスが、技適取得に関するコンサルタント業務を行っています。
ポラリスは、無線機の製品企画、設計開発、技術基準適合証明の申請と取得、製造の管理、販売に至るまでのプロセスを一貫して手掛けており、これらメーカーとしての技術やノウハウを提案するようです。

 

スポンサーリンク

   

 

そのポラリスが「スーパートランシーバーONE」を発表

関ハムで詳細が発表され、購入希望者に「Blackbird」がまだ届いていないこの時期に

「スーパートランシーバーONE」を2019年に発売するとHP上で、公表しました。

アマチュア無線機の開発、販売をすると予告はされておりましたが、まさかのこの時期での発表にいささか驚きました。

 

スーパートランシーバーの「スーパー」は何を意味するのか ?

超越している意味の「スーパー」なのか、スーパーヘテロダインの「スーパー」なの。

 

送受信周波数範囲 が 14.000MHz~14.350MHz , 18.068MHz~18.168MHzのSSB(J3E) / CW(A1A)のトランシーバーで空中線電力 +27.0 dBm ~ +37.0 dBm ( 0.5W ~ 5W)です

 

なぜ14MHz帯と18MHzのデュアルバンドにしたのか

送受信周波数範囲 が 14.000MHz~14.350MHz , 18.068MHz~18.168MHzのデュアルバンドを選択した意味がよくわかりません。

14MHz帯と18MHz帯と聞いて頭に浮かぶのは、DX(遠距離)通信に適しているという事です。

 

ただ14MHz帯は第2級アマチュア無線技士以上の「無線従事者」の資格が必要です。

また18MHz帯は第3級アマチュア無線技士以上の「無線従事者」の資格が必要です。

このことからも少なくとも初心者向けではないようです。

 

DX(遠距離)通信用というのであれば、ロッドアンテナもマッチしません。

またパワーも+27.0 dBm ~ +37.0 dBm ( 0.5W ~ 5W)では物足りません。

 

競合商品は何、どこを目指しているのか

現在はHFのデュアルバンドトランシーバーは販売されておりませんので、その意味ではオンリーワンでしょう。

アマチュア無線機もメーカー品が出始めた初期の頃は、3.5/7MHzのデュアルバンドの送信機が当たり前でした。

 

あえて探せば、HFであることと、コンパクトな事から、エレクラフトのKX2、KX3またはヤエスのFTー818NDがあります。

 

デュアルバンドではありませんが、かってはトライバンドのミズホ通信の  7/14/21MHz SSBトランシ-バ-DC-701や、同社の 7/21/50MHz SSB/CWトランシ-バ- SB-8X がありました。

 

FT-818NDは標準価格 99,800円(税抜)ですが、実売価格は7万円台で3台も買えます。

 

どこが優れているか

HP上に記載された送信スプリアス -50dB以下、イメージ妨害比 70dB以上のスペックはFT-818NDと同じです。

 

外形サイズ は165(W)×78(H)×246(D)mm (アンテナ、ダイヤル、その他突起物除く)で
Blackbird のケースを流用したものと思われます。

ヤエスのFT-818NDが1.9MHz帯から430MHz帯までのアマチュアバンドをオールモードでカバーしながらも、W135 x H38 xD165mm/本体約900gです。


エレクラフトのKX2はさらにコンパクトです。

 

無線機の買取依頼はぜひ本、無線機買取ハム歴55年の川花書房(JA2FJG)へ 

とにかく高くてとても手が出ない

本体価格 220,000円(税別)はあまりも高すぎます。
これでは競合他社の割安感が増すだけでは ?

 

無線機の買取依頼は本、無線機買取ハム歴55年の川花書房(JA2FJG)

 

 あわせて読みたい