懐古オヤジのボヤキ録

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

アマチュア無線のマイクロ波入門 | 10GHzまでは何とかなる

アマチュア無線のマイクロ波入門 | 10GHzまでは何とかなる

 

10GHz

 

 

 

関連記事

ボケ防止のため電子工作をはじめませんか!! - 懐古オヤジのボヤキ録

あのポラリスが謎の「スーパートランシーバーONE」を22万円で - 懐古オヤジのボヤキ録

私(JA2FJG)が無線機の修理に使っている測定器と工具類 - 懐古オヤジのボヤキ録

ケンウッドのTS-890の詳細が明らかになりました - 懐古オヤジのボヤキ録

 

 

5球スーパー、高1中2に807シングルの送信機に始まった、私のアマチュア無線機づくりも1980年頃にひょんな事からバラクター方式の、業務用逓倍機を手にしました。

 まだ真空管式の無線機が全盛期でしたので、それとは違ったバラクター逓倍機の機能美というか、その整然としたパーツの並びに惹かれました。

導波管やアイソレーター等、マイクロウェーブの世界には、真空管とはまた違った魅力がありました。

もちろん真空管の灯っているサマも美しいのですが。

 

スポンサーリンク

   

マイクロウェーブとは

マイクロウェーブとは明確な定義はありません。

一般的には300MHzから300GHzを指す事が多く、その意味では430MHzもその中に含まれます。

私的には1200MHz帯以上と思っております。

 

マイクロウェーブにのめり込んでいった理由

マイクロウェーブにのめり込むきっかけになったのは衛星通信でした。

衛星通信を始めるには、430MHzのオールモード機が必要なのですが、当時はまだ市販品は販売されておりませんでした。

必然的に430MHzのトランスバーターを作らざるを得なくなり、それ以来マイクロウェーブに夢中になりました。

 

以後へそ曲がりの性格もあって1970年代の後半はメーカー品がない物(一部三協特殊無線、川越無線、セブロン等では販売していました)を作る事に夢中になり、

1200MHz,2400MHzのアップバーターを作っておりました。

 

当時はCQ誌よりもモービルハムの方が、マイクロウェーブに力を入れておりJH1UGF,

JE1AAH,JA7RKBの諸氏が執筆されており、大いに参考にさせていただきました。

 JA7RKB十文字OMはじめ八戸各局のユニークな八戸方式もありました。


その後アイコムから1200MHzはIC-120、2400MHzはケンウッドからTM-2400が発売になりましたので、必然的に5.7GHz,10GHz,24GHz,47GHzへと上がって行きました。

 

10GHzまでならば無手勝流でもなんとかなる

難しいと思われがちなマイクロウェーブの製作ですが、 過去の経験から10GHzまでならば、本格的な測定器は無くてもなんとかなります。

もちろんあるに越した事はありませんし、定量的に測れると全然効率も違います。

ダイオードとメーターだけで簡単なパワー計は自作できますので、用意しておいた方が作業が捗ります。

 

いろんなバンドのアップバーターを作りましたが、一番多く作ったのは5.7GHz帯です

いろんなタイプで作りました。

全部では10個くらいは作りました。

一部は西新潟クラブ(JH0YQP)に投稿しております。

 

10GHzでもいろいろなタイプのトランスバーターを作りました。

NECのBS用ミキサーモジュールを使用したもの、JE1AAH高見沢氏がハムジャーナルに発表されたもの、JA1EPK故大日方さんがハムジャーナルに発表されたもの、その他

NECのBS用ミキサーモジュールも素晴らしい性能でしたが、今では入手が困難になりました。

 

結果最終的にはJA1EPK故大日方さんがハムジャーナルに発表されたものが今でも現用機となっております。
やはり金メッキの基板の出来がすばらしく、簡単に出来かつ安定しておりました。

 

トランスバーター

 

収納したケースは少し大きすぎる気もしますが、プリアンプ等の追加も考慮しました。

前面のスイッチは電源スイッチとレピーターとシンプレックスの切り替え用。

メーターはパワーを表示させる予定ですが、現状では電源電圧の表示になっておりまして、移動時のバッテリーの電圧の監視に使っております。

 

 

トランスバーター2年

 

本体は金メッキとスルーホールの素晴らしい出来栄えで、自作ではとても真似はできません。

ダイオードでミックスした後2段増幅で三菱のMGF1402終段です。

 

局発

 

局発は当時よく出回ったドレークのコンバーターの局発部を改造しております。

水晶をシンプレックスとレピーターで切り替えて、レピーターの送信時に最終的に70MHzシフトするようになっております。

ケースはアルミのチャンネルで自作しておりますので、出来栄えはイマイチです。

2段構造で裏側に2逓倍部があります。

 

パワーアンプ

 

パワーアンプはやはりJA1EPK故大日方さんから譲り受けた、アメリカの移動用無線機の一部で、三菱のFETが使用されております。

実測で0.8Wくらいの出力です。

 

いろいろ自作してみて思う事はスルーホールが非常に重要でまた難しいです。
メッキ線、サンハヤトのスルピンキット等試してみましたが、やはり基板メーカーのメッキのようにはいきません。
基板とケースの接触面が均一にいかず、導電性の接着剤もさがしましたが、簡単には入手できませんでした。

 

24GHzともなると難易度が格段にUPします

 

10GHzまでとはガラリと変わりパーツの入手には苦労しました。
0.4ミリテフロン基板、HPA用のFET、ダイオード、電波吸収材、アルミくり抜きケース等どれをとっても簡単ではなく、基板はヤフオクでたまに出るロジャーのテフロン基板などなど。


HPA用のFET等はミニマムロットが10個でしかもかなり高かった。

 

HPA用のFE


ダイオードは1SS105が池田電子、ヤフオクでHS11を入手。
アルミくり抜きケース、電波吸収材もヤフオク。

 

参考にさせて頂いたのは10Ghz同様JA1EPK,JE1AAH、DB6NT各OMの発表されたもの。

24GHzともなりますと無手勝流という訳にはいかず、測定器はスペアナTR4133、パワー計HP432A、カウンターTR5122等に自作のコンバーター等を加えて行いました。10Ghzまでは比較的楽にできたのですが、24Ghzともなると一筋縄ではいかず、発振等にかなり悩まされました。

 

47GHzとなると交信相手がみつかりません

 

24GHzで何局かと交信でき、成行き上47GHzに挑戦。
手始めにOMさんの製作されたトランシーバー(トランスバーターではありません)を入手。
親機部分がアイコムのIC-1201の終段部を取っ払ったものでなかなの力作。

 

47GHz


以後各種ミキサーを作ってみましたが、1SS105,HS11をはじめほとんどのダイオードが、効率の差こそあれ十分使えました。
結局相手局が現れず、外部ミクサーにスペアナ、カウンターをつないだり、HP432Aでのパワー測定等測定器での確認で終わりました。

 

 無線機の買取依頼は本、無線機買取ハム歴55年の川花書房(JA2FJG)

 

移動好き、初心者向けにお薦めののHF~430MHzまでのオールモード機

 

 

 ケンウッドファンの方は

 

 

 アイコム好きの方には

 

 

 あわせて読みたい