懐古オヤジのボヤキ録

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

アマチュア無線 における私(JA2FJG)のプリント基板製作の変遷

アマチュア無線 における私(JA2FJG)のプリント基板製作の変遷

 

10GHzトランスバーター

 

真空管からトランジスターへ

小学生の頃から始めたラジオ、無線機作りも、1960年代の前半までは真空管オンリーでした。

その後仕事が忙しくなり一時期ブランクがありましたが、1960年代の後半から少し遅れてトランジスターを使うようになりました。


日本で一番最初に発売された東通工(SONY)の1TXX等は使った経験はなく、NECから2SC185等のマイクロディスクなるトランジスターが手に入るようになってからです。

安価で高周波特性の優れたトランジスターでした。

 

スポンサーリンク

   


2SC185は安価で高周波特性が当時としては他のトランジスターより優れており、後にトリオのTS-500,JR-500のVFOにも使われておりました。

 

トランジスターにはプリント基板が必要

当初はマジックインキ

トランジスターを使うからにはどうしてもプリント基板の製作が必須となり、当初は生基板に直接マジックインクでパターンを描いておりました。
各種マジックインクを試しましたが、私が使った範囲ではパイロットのペイントマーカー?のホワイトが、一番良かったように記憶しています。

 
ホワイトが良かったのは意外ですが、基板へのノリがよく下処理が少々悪くても結構きれいな基板が出来ました。

 

レタリングテープ、ランドの使用

しばらくマジックインクを使っていたのですが、見た目にはあまりよくないので、レタリングテープ、ランドの使用に変わり少し進歩しました。
レタリングテープ、ランドを2,3年使用しましたが

 

テープ

 

ランド

 

より良い物を求めて感光基板に挑戦。

当時はまだパソコンを使ってなくてワープロにいろいろの用紙を試しました。

今となっては懐かしい1200MHzのパワーアンプです。

適当なトランジスターもなく、パーソナル無線用に開発された石を使用しました。

出来映えもイマイチです。

 

ワープロ

 

ワープロにも限界がありパソコンを導入

Windows3.1から95にバージョンアップしてから本格的に感光基板を作りたくて、サンハヤトから感光基板、基板カッター、ライトボックス、卓上ドリル、スルピンキット、エッチング装置、インクジェット用フィルム等と結構サンハヤトの売り上げに協力しました。


CADは最初は花子を使ったのですが、知識がないせいかうまく使いこなせず、シェアウェアのCADDrawに変更。
当時CADソフトはとても高価だったのでCADDrawは私には十分でありがたかった。

 

CADDraw

 

マイクロウェーブにはテフロン基板

HF,VHF,UHFからマイクロウェーブと周波数が高くなるにつれて今度は基板がPPO、テフロンが必要になり、これらの入手には苦労しました。


サンハヤトの感光基板は紙フェノール、ガラエボ等しかなくテフロンはありません。
PPO基板は当時豊橋技術大学に勤めていた友人が納入業者から購入してくれました。

シンクロスコープもこのルートで安価に入手できる事ができました。

テフロン基板は専らヤフオクで調達。


この方はアマチュア無線もやっておりますが、現在は退職され真空管のアンプ作りに夢中で、今も時々コーヒーブレイクをしております。

 

テフロン基板はサンハヤトに材料持ち込みで感光剤を塗布の依頼

苦労して入手したテフロン基板は、材料持ち込みでサンハヤトに感光剤の塗布を依頼しておりました。

しばらくはそれでよかったのですが、サンハヤトはハムショップ経由なので、無線機等を昔は買っておりましたが、その頃はたまにパーツを買う程度なので、ハムショップにあまりいい顔をされなくなりなんとか自分で感光剤を塗布出来ないかと試行錯誤。

 

感光剤の入手

感光剤も基板同様入手には苦労しました。
やっと感光剤も手に入り次は塗布の方法。
ドブ漬やターンテーブルを使って感じ、回転数を自由に設定できるようにしたりしましたが、どうしてもサンハヤトで塗布してもらった物と比べたらイマイチ。


まあマイクロウェーブのプリント基板はマイクロストリップラインなので、裏のグランド面だけマスキングすればなんとか使えましたが、10GHz,24GHzと周波数が高くなるとストリップラインも細くなってくるので、簡単に補修という訳にはいきません。

当時製作した5.7GHzのトランスバーターです。

 

基板

 

その辺の顛末も私のサイト「川花書房」に記載してあります。
現在は視力の衰えで細かい事はできませんので、マイクロウェーブは卒業(中退かな)
あと諸々ありますがまたの機会に記します。

 

 

 無線機の買取依頼は本、無線機買取ハム歴55年の川花書房(JA2FJG)

 

移動好き、初心者向けにお薦めののHF~430MHzまでのオールモード機

 

 

 ケンウッドファンの方は

 

 

 アイコム好きの方には

 

 

 あわせて読みたい