懐古オヤジのボヤキ録

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

実は無線機よりもアンテナの方が重要です ! アンテナの調整にはアンテナアナライザー

実は無線機よりもアンテナの方が重要です ! アンテナの調整にはアンテナアナライザー

 

 

コメット COMET アンテナアナライザー CAA-500 MarkⅡ

★1.8インチ カラーLCDによる
 マルチインフォメーションディスプレイ表示
 測定周波数、SWR値、インピーダンス、バッテリー残量を
 グラフィカルに表示します。

 

 ★SWRの周波数スイープに対応
 ボタン一つで、測定周波数付近を自動的に
 スイープし、SWR波形表示します。
 マニュアルでもプロット可能です。

 

★ニッケル水素充電池の充電に対応
 本体にニッケル水素充電池を入れたまま、
 外部電源を接続するだけで充電ができます。
 ※通常の乾電池(アルカリを含む)には充電できません。

 

 ★自動電源OFF機能を追加
 操作しない時間が続くと、自動的に
 電源がOFFになります。
 1~9分(1分毎)の間で設定可能です。
.
製品仕様
●周 波 数 レ ン ジ : 1.8~500MHz 35レンジ分割
●RF発振出力レベル: HF/VHF : 0dBm (1mW) , UHF : -1dBm (約0.8mW)
●測 定 SWRレンジ: メカニカルメーター:1.0~6.0 , LCD:1.0~9.9
●インピーダンスレンジ: 12.5 ~ 300Ω(メカニカル、LCD共)
● 抵抗値表示範囲: 0~500Ω ※1.8~190MHzの帯域において表示対応
● リアクタンス値表示範囲: 0~500Ω (極性表示無し)
               ※1.8~190MHzの帯域において表示対応
● コ ネ ク タ ー: M-J (HF/VHF帯) , N-J (UHF帯) 「自動切り替え」
● 使用温度範囲: 0℃ ~ +40℃
● 電    源: 単3形乾電池または単3形ニッケル水素電池
        6本(本体背面のケース内に収納)
● 連続使用時間: 約9時間(単3形アルカリ乾電池使用時)
● 外 部 電 源: DC 8~16V (センターピン プラス)
● 消 費 電 流: 190mA以下
● 充 電 時 間: 約15時間(DC12V~14Vの場合)
● 寸   法: (W)89x(H)180(196)x(D)61(67) [mm]
● 質   量: 約820g(本体のみ), 約960g(乾電池装着時)
● 付 属 品: 外部電源用プラグDCケーブル (白線側が+)

★ チェックポイント

✔ 1.8インチ カラーLCDによるディスプレイ表示
 


✔ SWRの周波数スイープに対応


✔ ニッケル水素充電池の充電に対応

 

周波数:530kHz-230MHz
説明書は英語表記になります。
乾電池も裏ぶたから簡単に交換可能
多機能でアナログとデジタル表示
MFJ-259B後継機

 

★ チェックポイント

✔ 周波数:530kHz-230MHz
 


✔ 乾電池も裏ぶたから簡単に交換可能


✔ 多機能でアナログとデジタル表示

 

 

AA-54 は、0.1 ~ 54MHzで SWR と R-Xのグラフ表示およびマルチSWRなどの優れた機能でアンテナ調整時間を大幅に短縮できます。

簡便かつ強力な計測モード・PC接続機能は趣味・業務で大いに役立ちます。

アンテナ製作・調整の醍醐味をお楽しみ下さい。

 

リグエキスパートには他にも、AA-600(0.1~600MHz) 、AA-1400 (0.1~1400MHz)等各種あります。

 

主な用途
・アンテナの迅速な検査
・アンテナの共振周波数の調整
・雨、台風などの前後での特性比較
・同軸スタブの製作とそのパラメータ測定
・ケーブルの欠陥位置の特定
・キャパシタンスとインダクタンスの測定

★ チェックポイント

✔ 周波数:0.1 ~ 54MHz
 


✔ SWR と R-Xのグラフ表示およびマルチSWR


✔ PC接続機能

 

 あわせて読みたい