懐古オヤジのボヤキ録

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

当ブログにはじめて広告の依頼がありました

当ブログにはじめて広告の依頼がありました 

 

広告

 

関連記事

遅ればせながらはてなブログのHTTPS化を行いました - 懐古オヤジのボヤキ録

電波利用料の納付書が送られてきたので、コンビニで支払い - 懐古オヤジのボヤキ録

凸版印刷から「郵便、宅配便等のご利用に関するアンケート調査」 - 懐古オヤジのボヤキ録

ファミリーマートのATMでゆうちょ銀行の手数料が無料なんて大ウソだ - 懐古オヤジのボヤキ録

 

広告

 

 

当ブログに問い合わせがありました

「ウェブサイトの管理人様へ
イギリスのデジタルマーケティング会社の要請でご連絡しております。
貴サイト内2017年9月13日付「こりぁなんだ メーカー製か自作かわからないMASTER OSC 10MHz MODEL ECT-231」というページを拝見させて頂き、現在クライアントと行っているプロジェクトに是非ともお力添えを頂けないかと思い、ご連絡をさせて頂いております。」

との事で問い合わせがありました。

 

該当記事はこちらです。

 

www.kawahanashobo.com

 当ブログを開設して約一年半ですが、もちろん始めての事で驚いております。

 

問い合わせの内容

当該記事に「BNCコネクタ」というキーワードを使って指定ウェブページにリンクする短文を追記して欲しいとの事です。


「アンカーテキストは当クライアントの社名xxxと指定されておりますが、アンカーテキストの入った短文は、例えば、記事内にBNCコネクターに関して記述してありますが、この後に「BNCコネクタ関連部品は秋月電子やxxxで入手できます。」というような感じの文を挿入してくださいとの事です。


記事の主旨に背かない範囲で書き方は自由です。

極めて簡単な依頼です。
リンク短文を記載する際の注意点が四つあります。


1.同ページ上に当クライアント取り扱い製品について競合サイト(アマゾンや楽天など)の製品ページリンクが貼られていないこと。
この点は既に担当者が確認しておられて、「本ページ内には問題になるリンクはございませんので、現状のままで大丈夫です。」

と書き添えられております。


2.ページ内に「BNCコネクタ」に関して当クライアントの競合でない第三者ウェブサイトへのリンクが一つ以上あること。
例えば「BNCコネクタ」という言葉の横にでも辞書リンクやウィキペディア、他のブログへのリンクなどを貼る事。

これにも「第三者リンクについては、ご協力が得られた場合には例となるリンクをこちらからもご案内できますのでご安心ください。」と書き添えてあります。


3.アンカーテキストを「当クライアント社名」とする事

クライアントは私もかって利用した事のあるRSコンポーネンツ社です。


4.リンクはページ内に短文の中に一つのみで、それにno follow タグがついていないこと。


これらの事に疎い私にもわかるように、例文が添えてありますので助かります。

こんな簡単な事で、謝礼がいただけるなんて断る理由がありません。

 

当該ページに少しだけ手を加えました

当該ページページに手を加えるといっても、簡単なテキスト文にリンクを貼るだけの簡単な作業です。

早々に作業を終えてメールを送ると支払いについての案内がありました。

 

支払いについて

支払いについては

「謝礼金金額についてですが、貴サイトで所定の金額等を設けていらっしゃいますようでしたら、そちらをお伝えいただければ前向きに検討させていただきます。
ご希望がございません場合には、弊社では既存記事でのご協力に対しては規定の金額をお支払いしております。
期間限定でのみご協力いただけるといった場合でも是非ご相談されてください。可能な限り対応させていただきます。」

と連絡がありました。

 

なお請求書が必要でしたが、こちらも丁寧にテンプレートが添付してあり、僅かな個所を書き換えるだけですみました。

 

その後一週間ほどで、PayPalに振り込みがありました。

 

ブログに問い合わせは必須

今まで問い合わせには、よくわからないアフィリエイトのお誘いはありましてが、こんな事もありますので、改めてブログに「問い合わせ」は必須だと思いました。

 

テキスト文にリンクを貼るだけの広告があり、その依頼が当ブログにあった事に驚いております。

昨年までは毎日更新いておりましたが、今年になってからはサボり勝ちで月に数回の更新になってしまいました。

 

アクセス数もはてなブログPROの2年縛りが、まもなく終わるブログにしては恥ずかしくて公表できないような数字です。

 

 

無線機の買取依頼は本、無線機買取ハム歴55年の川花書房(JA2FJG)

 

 あわせて読みたい