懐古オヤジのボヤキ録

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

楽しいドライブのお供に ! アマチュア無線機各メーカーおススメのモービル機はこれ

楽しいドライブのお供に ! アマチュア無線機各メーカーおススメのモービル機はこれ

 

 

ケンウッド144/430MHz FMデュアルバンダーTM-D710GS/TM-D710G

技術基準適合証明取得機種で出力/50Wの、3アマ免許所持者が使用できるTM-D710GSと出力/20W で4アマ免許所持者用のTM-D710Gの2種類があります。


GPSユニットを内蔵しており、スマートなAPRS運用がより身近になりました。
移動局でAPRS運用を行う場合に必須となるGPSユニットを操作パネル内に内蔵。
本格的なAPRS運用がTM-D710G/GS単体で始められます。

 
AX.25準拠のTNC(Terminal Node Controller)を内蔵し、本体のみで本格的なAPRS、ナビトラの運用が可能です。
またPCに直接接続するだけで1200/9600bpsのパケット通信、IGate局の運用などもできます。

 

日本で開発された「NAVITRA -ナビトラ」にも標準対応。
受信したナビトラのパケットデータをAPRSパケットデータと同じステーションリストで扱うため、最大100局まで保持できます。
ビーコンには位置情報の他にカタカナ、英数字、記号で最大20文字のメッセージを埋め込んで送信することができます。

 

EchoLink Sysopモード機能で、ノード局を運用。
TM-D710G/GSと、EchoLinkソフトウェアをインストールしたPCとを接続してEchoLinkのノード局を簡単にセットアップできます。
IGate局やデジピーターとEchoLinkのノード局との同時運用も可能です。

 

操作性と設置の自由度を重視したセパレート式の大型パネルの液晶に各キーの機能を表示。
多彩な機能へスムーズにアクセスできます。
またフルドットマトリクス液晶を採用した大型ディスプレイは、アンバー、グリーンの2色からLCDバックライトが選択可能です。
 

★ チェックポイント

✔ GPSユニットを内蔵


✔ TNC内蔵で容易にパケット通信


✔ 大型セパレート式パネルで操作性が向上

 

 

アイコム 144/430MHzFMデュアルバンド  トランシーバー IC-2730 

技術基準適合証明取得機種で出力/50Wの、3アマ免許所持者が使用できるIC-2730D 50Wと出力/20W で4アマ免許所持者用のIC-2730の2種類があります。

 

Bluetooth®ヘッドセットVS-3<オプション>に対応。
大型化により見やすくなった周波数表示。

メモリーネームの表示を実現。
車内への設置を容易にする吸盤タイプのマウントベース(MBF-1<オプション>)に対応。
多機能マイクロホン HM-207が付属。
IC-2720で好評の同一バンド2波同時受信機能、2バンド独立ダイヤル方式を採用。
V/Uとも50W出力(IC-2730D)を実現。

★ チェックポイント

✔ 大型化により見やすくなった周波数表示


✔ メモリーネームの表示を実現


✔ 同一バンド2波同時受信機能、2バンド独立ダイヤル方式を採用

 

 

ヤエス FT-8900H 29/50/144/430MHz帯4バンドモービル機

技術基準適合証明取得機種で出力/50Wの、3アマ免許所持者が使用できるFT-8900Hと出力/20W で4アマ免許所持者用のFT-8900の2種類があります。

 

世界初、29/50/144/430MHzの4バンドモービルトランシーバー。

従来の144/430MHzに加え、夏場に発生するスポラディックE層や、電離層反射による遠距離通信の期待ができる50/29MHzを搭載
2波同時受信と2波同時送受信機能。
29/50/144MHz+430MHzまたは29/50/430MHz+144MHzという異なるバンドの2波同時受信機能と144MHz+144MHz、
430MHz+430MHzの同一バンド2波同時受信機能に対応。異なるバンドの同時送受信も可能
受信感度をアップするスーパーDX機能。

受信部の増幅回路を微弱電波受信に適した特性に最適化することにより、
弱い信号をノイズの中から浮かび上がらせることが可能
STANDARDお馴染み、ハイパーメモリー搭載。運用状態をそのままワンタッチで記憶するハイパーメモリー。
周波数のほかにメモリー番号、スキャン情報やセットモード情報などの動作状態を一発で記憶、さらに瞬時に呼び出します。
6つの専用ボタンにより、あたかも6つのVFOの感覚で使用できます
WIRESによるレピーターアクセス機能。
レピーターとレピーターをインターネットで接続して通信距離を飛躍的に拡大するWIRESシステムに標準対応

★ チェックポイント

✔ 世界初、29/50/144/430MHzの4バンドモービルトランシーバー


✔ 2波同時受信と2波同時送受信機能


✔ 受信感度をアップするスーパーDX機能

 

 

アルインコ ツインバンド144/430MHz FM モービルトランシーバー DR-735 (D/H)

技術基準適合証明取得機種で出力/50Wの、3アマ免許所持者が使用できるDR-735Hと出力/20W で4アマ免許所持者用のDR-735Dの2種類があります。

 

フルデュープレクス方式によるV/UHF帯の送受信と、VV/UU受信に対応。(AMモードのエアバンドVV含む)
2バンド完全独立のダイヤル、押しやすいキーレイアウト、左右どちらでもメインバンドに指定できるVFOを採用して、あたかも2台のモノバンド機を操作している感覚を実現。


RGB方式LEDを8個実装。代表的なサンプルカラー10色(調光も可能)と自分で作れる6色のカラーメモリーを採用、白を含む好みの色に調光して液晶バックライトに設定が可能。もちろん、送受・待ち受け、メイン・サブバンド状態に異なる色の割り当て、それをメモリーチャンネルに登録することもOK。(特許出願済)


メモリーは左右のバンド共通メモリー1000ch、左右のバンド専用の独立メモリー各100ch、左右の状態をそのまま記憶するデュアルメモリー100chを実装。共通メモリーはワンタッチでメモリーできるクイックメモリー機能も採用。


自動レピーター設定のほか、自分で帯域、トーン、シフト幅を設定できるオートプログラム、2ペアのプログラムスキャン(サーチ)メモリー、CALLチャンネルも装備。
PTTキーを2個採用してサブバンド送信やスケルチ開放など任意の機能に割り当てられる、新型のモジュラーコネクター式ダイナミックマイクを標準付属。


よく変更する内容は基本セットモード、マイクゲインやMIDパワー出力変更など一度決めたらあまり使わなくなる設定は拡張セットモードに振り分けて使いやすさを向上。
DINソケットをメインユニット後部に搭載、パケットなどのインターフェース信号出力が容易。


長時間の運用に耐える、効率の良い冷却構造、静かなファンと大きな放熱板。
基本、メモリー、カラー、すべて、と豊富なリセットモード。さらにリセット後でも予め登録しておいたセットモード設定を復元できるレストア機能も採用。


メイン・サブ専用に外部スピーカーが接続できる、2個の外部スピーカー端子(1個でも使用可)。

片側のバンドを外部、もう一方を内蔵スピーカーで鳴らすこともOK。
ワイドとナロー、両方のセラミックフィルターを採用、将来のナローバンド化にも即応。


大型車の24Vが間違って流れても基板を保護する過電圧対策、異常な温度上昇を感知するセンサーの採用…車載機ハードユーザーのニーズを知り尽くしたアルインコならではのノウハウがぎっしり詰まった新設計。


デジタルユニットEJ-47Uに対応するほか、既存機種で好評の機能はもれなく装備。

反面、FM放送受信など一部のアクセサリー 機能は敢えて採用を見送り、アマチュア無線機としての性能を最重視。

★ チェックポイント

✔ フルデュープレクス方式によるV/UHF帯の送受信


✔ メモリーは左右のバンド共通メモリー1000ch


✔ 大型車の24Vが間違って流れても基板を保護する過電圧対策

 

 あわせて読みたい