懐古オヤジのボヤキ録

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

無料 ネットショップ BASEで一年半ぶりに商品が売れました

無料 ネットショップ BASEで一年半ぶりに商品が売れました

 

ネットショップ

 

2018/08/31 更新

 

 

スポンサーリンク

   

 

関連記事

アマゾンでの「出品と管理ツール」にY&S Softwareをお奨めする理由 - 懐古オヤジのボヤキ録

お先真っ暗の中古本業界ー年末だというのに中古本の買取が不調です - 懐古オヤジのボヤキ録

アマゾンの評価が少なくなった現状では評価3は辛いものがあります - 懐古オヤジのボヤキ録

年末の大掃除ででてきた不用品はアマゾンに出品してみませんか - 懐古オヤジのボヤキ録

 

はじめに

「 kawahanashob で商品が購入されました。」のメールに続いて「銀行振込の入金が完了しました。お支払い内容とお客様情報をご確認頂き商品の発送を行ってください。」とメールが届きました。

発信元はBASEです。

すっかり忘れておりました。

無理もありません、この前売れたのが2016年の6月ですから。

 

何時登録したのかも忘れてしまいした

登録した事は覚えておりますが、いつ頃登録したのかも思い出せません。

前回の注文が2016年の6月ですから、それ以前だという事しかわかりません。

確か新品の在庫を大量に抱えて、アマゾンとヤフオクだけではさばき切れないと判断し、BASEに登録した事は記憶にあります。

 

メールをよく見ると店名もアルファベットで登録し、おまけに間違っております。

 kawahanashobで最後のoが抜けております。

正しくは kawahanashoboのはずです。

川花書房に訂正しておきました。

 

BASEとは

個人、法人を問わず誰でも簡単に利用できるネットショップ作成サービスです。

これまで「BASE」で開設されたネットショップ数は40万店舗を超えています。

独自の決済システム「BASEかんたん決済」を構築することで、Eコマースの課題となっていた決済機能の導入にかかる審査期間が短縮されています。

「お母さんも使える」がコンセプトです。

 

初期費用、月額利用料は一切かかりません。

よくよく確かめると昨年から【サービス利用料】が新たに加わったようです。

【BASEかんたん決済手数料】として1回の注文の総合計(送料含む)に対し、3.6%+40円が決済手数料としてかかります。

さらに【サービス利用料】が1回の注文の総合計(送料含む)に対し、3%がサービス利用料としてかかります。

 

それぞれの計算方法は、以下の通りとなります。

例)1,000円の商品が3個、送料500円の注文の場合

▼注文合計金額
1,000円✕3個+500円=3,500円

▼【BASEかんたん決済手数料】=注文合計金額✕3.6%+40
3,500円✕3.6%+40=166円

▼【サービス利用料】=注文合計金額✕3%
3,500円✕3%=105円

▼振込申請を行える金額=注文合計金額-(BASEかんたん決済手数料+サービス利用料)
3,500円-(166円+105円)=3,229円になります。

 

さらにショップ指定口座へ売上金を振込んで貰う際には、【振込手数料】と【事務手数料】がかかります。
※振込申請額 - 事務手数料 - 振込手数料 = 振込金額となります。

【振込手数料】
一律250円

【事務手数料】
・2万円未満の場合:500円
・2万円以上の場合:0円

となっておりますので、2万円以上になってから振り込んでもらった方が【事務手数料】がかからない分500円安くなります。

 

まとめと反省点

前述のようにまずは2万円突破が目標となりますので、アマゾン、ヤフオク同様に真面目に取り組まなければなりません。

屋号が間違っているなど論外です。

何も新品に限定されているわけではないので、併売も考えながら真剣に考えます。

 

BASE,ヤフオクをはじめネット販売の教科書

 

 

BASE(ベイス)やStores.jp(ストアーズ)で、ネットショップを無料でサクサク作成して、がっつり儲ける作成と運営の方法!

 

 

あわせて読みたい