懐古オヤジのボヤキ録

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

11月11日はEコマースにとって最大のお祭り「独身の日」

11月11日はEコマースにとって最大のお祭り「独身の日」

 

Eコマース

 

 

11月11日は独身の日

1が4つ並ぶ11月11日は米国の『ブラックフライデー』『サイバーマンデー』と並んで、Eコマースにとって特別な日である。
アリババ が「独身の日」(双十一)と銘打って、「11.11 Global Shopping Festival」を実施する日なのである。


特に、今年の「独身の日」のショッピングフェスティバルは10周年の節目の年でもあり、アリババ自体もはもちろんECだけではなく、リアル店舗での販売にも力を入れている。
日本企業も熱い視線を送っていて、独身の日は日本にとっても注目すべきイベントになっていくでしょう。

スポンサーリンク

   


開始わずか2分で1600億円を売り上げ

取引額は去年の2兆7000億円を上回り、過去最高を記録する見込。
午前0時のセール開始からわずか2分で取引額は1600億円を突破し、過去最高だった去年を上回る勢い。


上海市内のイベント会場には来年9月に退任するジャック・マー会長も駆けつけた。
アリババにとってはこの日を国民的行事にまで仕立てる意気込みで、今年は日本の人気タレント渡辺直美さんも、アリババグループのジャック・マー会長が主催している音楽番組に“ダンサー”として生出演しております。


アリババのサイトには約18万の企業やブランドが参加し、海外から商品を購入する越境通販では日本の化粧品や紙おむつが高い人気を集めている。


アリババが立役者

中国において11月11日は独身の日と呼ばれ、消費者が自分へのご褒美として贈り物を買うことが一般的です。
恋人のいない若者たちが自らを祝う日として、1990年代に中国の大学生から始まったこの記念日を、中国の小売大手アリババが大規模なショッピングイベントへと発展させ同国内を中心に定着しています。

 

ちなみにアリババの筆頭株主は日本のソフトバンクです。

 

世界に広がる「独身の日」

『独身の日』が始まった2009年には5,200万元(約760万ドル)だったアリババの取扱高は、7年後には1207億元(約177億ドル)にまで急増しました。
2017年の『独身の日』はオンラインショッピング最大の注目を集め、取引額253億ドルの新記録を出し、そのうち90%の取引がモバイル経由だった。


2017年の11月、アリババは独身の日を欧米に拡大させる取り組みを始め、結果として2017年の『独身の日』には世界のショッピングアプリのダウンロード数が、1年で最大となりました。
ダウンロード数はこの日だけで270万件を超えているという。

アリババの『独身の日』セールが世界に拡大している様子が浮き彫りとなっています。

 

 

 

 あわせて読みたい