懐古オヤジのボヤキ録

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

無線機の自作も修理も基本は半田付け | コテ 選びのコツ

無線機の自作も修理も基本は半田付け | ͡コテ 選びのコツ

 

Soldering

 

 

スポンサーリンク

   

 

 

 

無線機の自作も修理にも必要な半田付け

半田付けとは鉛とすずの合金であるはんだを用いて、熱を加えて金属同士を接合する事です。

金属の種類にも半田付けの容易な金、銀、銅から半田付けのしにくい鋼、ステンレスなどがあります。

 

鋼、ステンレスなどは専用のフラックスを使用して半田付けが可能です。

金属でもアルミやチタンは半田付けができません。

 

ハンダゴテの種類

こて先を加熱するヒーターの構造によって「セラミックヒータータイプ」と「ニクロム線ヒータータイプ」の2種類があり、昔は板金屋さんなどが使用していた炭火などで加熱するタイプのハンダゴテもありました。

 

「セラミックヒータータイプ」のハンダゴテはタングステンで作ったヒーターをセラミックで包んで、こて先を内側から加熱し、絶縁性に優れています。
「ニクロム線ヒータータイプ」のハンダゴテはこて先にニクロム線を巻いて外側から加熱します。

「ニクロム線ヒータータイプ」のハンダゴテは、安価なのと500Wクラスの大型まであるのが特徴です。

 

無線機の自作や修理に適したハンダゴテ

無線機の自作や修理には絶縁性に優れた「セラミックヒータータイプ」のハンダゴテが適しております。

トランスなどの大型部品には「ニクロム線ヒータータイプ」のハンダゴテが適しておりますが、調温型の「セラミックヒータータイプ」のハンダゴテでも可能です。

 

無線機の自作や修理にはケースやシャーシの加工等を除けば調温型の「セラミックヒータータイプ」のハンダゴテひとつで済ます事ができます。

使い易さとコスパから白光(HAKKO)のFX-600-02がおススメです。

 

 

200~500℃まで調整可能で交換こて先が30種類以上もあります。

ダイヤル式の簡単温度設定

グリップに温度コントローラ内蔵。ダイヤルを回すだけで、簡単に温度設定ができます。


LEDで設定温度に達したことを知らせてくれ、点滅すると設定温度です。
またCAL ツマミで温度補正が可能です。

 大分使っておりますので少し汚れがあります。

 

FX-600

 

周辺機器と消耗品もお忘れなく

 

 

 

 

 

基板の部品除去には半田吸い取り器

 

基板を傷めずすばやくパーツをはずせます。

 

 

熱効率に優れたN61シリーズのノズルを採用
豊富なノズル形状とサイズで確実なはんだ吸取りを実現
加熱芯の改良ではんだ詰まりを軽減
フィルターパイプのメンテナンス性が向上
付属のノズルレンチで安全・簡単にノズルを交換 

 

仕様】
●ノズルアース間抵抗(Ω):<2
●リーク電圧(mV):<2
●到達真空圧力:81kPa
●吸込流量:11L/min
●ヒーター:セラミックヒーター
●電源コード長さ:1.6m
●消費電力(W):98
●電源(V):AC100
●設定温度(℃):350~500
●プラグ形状:平型プラグ
●真空発生方式:ダイヤフラム式ポンプ
●標準ノズル:φ1.0mm
●質量:0.52kg(コード除く)

【セット内容】
●吸取器FR-301(ノズルφ1.0付属)
●クリーニングピン(ノズルφ1.0および加熱芯用)
●セラミックペーパーフィルターL(2ヶ)
●簡易コテ台
●プレフィルター
●ノズルレンチ
●取扱説明書、登録書(3年保証)