懐古オヤジのボヤキ録

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

アマゾンの身勝手な客には どう対処すべきか | 返金、キャンセル

アマゾンの身勝手な客には どう対処すべきか | 返金、キャンセル

 

Amazon

 

 

スポンサーリンク

   

 

 

 

購入者の身勝手な理由によるアマゾンの返品

アマゾンでは購入者から返品の要求があれば、飲料・食料品・雑誌など一部のカテゴリを除いて購入後一ヶ月以内であれば受け入れなければなりません。
昔はその店独自の返品のルールを設定できたのですが、現在は独自ルールの設定はできなくなってしまいました。

メディア商品の購入後一ヶ月以内は少々キツイものがあります。


「当店も到着後1週間以内の返品は受付ますが、それ以後はお断りします」と設定してあったのですが、いつのまにか表示されなくなっております。
お客様第一のアマゾンの返品ルールに従えという事です。


ただネット等を通じてお客様最優先の姿勢が定着し、悪用されるのは困った状況です。
なかには懇切丁寧に返品の仕方を教えているサイトもあります。

 

安価な商品ほど返品、クレームは多い

返品、クレームは圧倒的に安いメディア商品に多い。
メディア商品の場合は理由づけはいくらでもできる。
本の場合は殆んどの本がその気になれば一晩で読めるだろうし、CDも聴いてからさまざまな理由を付けて返品、返金の要求があります。
まるで無料レンタル状態です。

 

本のクレームの場合「何ページ目に書き込みや線引きがあった」と言ってくる場合が結構ある。
読んでいなければそこまでは分からないはずである。

その他にも帯がないとか、角折れがあったとかこちらの手元を離れているので、確かめようがない。

 

CDの場合も同様で「帯がついていない」、「盤面に傷がある」等様々な理由。
疑いたくはないが疑心暗鬼になってしまいます。

 

返品理由

 それ以外にも返品の原因もまちまちで、「買ったけどいらなくなった」「間違えて買ってしまった」「到着が〇月☓日では間に合わない」実に多彩である。
到着日云々はアマゾンで表示されるお届け予定日がかなり余裕をみて設定してあるためである。

 

最近多いのが不良を偽り返品を求める方が多いです。
チェックするので返品いただき不良が認められたら良品と交換させていただきますと伝えますが返された後にチェックするも全く故障もなく正常でした。


その事を購入者に伝えると時々不具合が発生するなど苦しい言い訳や明らかな嘘偽りどうにかして返金を求めようとする方が多くて困っています。
在庫がある場合は良品があるのですぐに交換すると伝えると、そういう方はまず「やっぱりいらないから」と全額返金を求めてきます。

 

最近は配送料も高くなりましたので、特別な場合を除いて返金だけして返品は求めておりません。

特別な例では未開封のDVDが再生できないという不具合がありました。

このような時「メール便」の着払いを指定しておりますが、なかには安価な本を宅配便の着払いで返品してくる事がありますが、受け取り拒否もできず困ってしまいます。

 

最後に

 メルカリとともにアマゾンもマスコミで騒がれておりますが、売り上げの減少こそありますが、今のところ乗っ取り等の被害は受けておりません。

 アマゾンも日本に進出して日本語サイトAmazon.co.jp「本」のストアをオープンしたのが、200年だから19年。そろそろ日本の商慣行にも馴染んで欲しい。

 

時々出品者にアンケートを取っているがあまり生かされているようには思えない。

アマゾンさん本気で出品者の要望を聞き届けようと思っているの? - 懐古オヤジのボヤキ録

 

評価3の問題などはもう10年以上前から問題にされてきたのに未だに解決していない。

購入者最優先は理解できるがあまり安いとは思えない手数料を取っているのだから弱小出品者の事も少しは考えて欲しい。

 

 

 

 

 

 あわせて読みたい