無線機、本買取の川花書房

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

 永いあいだ維持してきたアマゾンの100%の高い評価が一瞬にしてパー

 永いあいだ維持してきたアマゾンの100%の高い評価が一瞬にしてパー

 

アマゾン

 

スポンサーリンク

   

 

 

 

 

かなり努力をし、理不尽な返金要求にも応じる等の犠牲も払って永いあいだ維持してきた、アマゾンの100%の高い評価がとうとうダメになってしまいました。

非常に残念ですし脱力感があります。

 

ますますストレスが溜まる一方で血圧が上がりそうです。

少々愚痴めいた記事になっておりますので、興味のない方、不快に思われる方はスルーしてください。

 

事の発端は破損商品または欠陥商品を受け取りましたのメールからです。

購入者からのコメントには

「コンディション 中古品 - 良い 帯なし、書き込み、破れ等なく良好です。」とのことでしたが、約20ページわたるページ角の折れ(おそらくマークするための)、マーキング箇所あり、記載事項とかなり違いました。 中古品と理解して購入してきた中で、記載事項と異なる最低のコンディションでした。」(原文のまま)
とあります。

当店では買い取り時、出品時、発送時と3度にわたって点検をしております。
大量の買い取り時には点検が疎かになることはありますが、それでも最低2度の点検をしております。
1ページや2ページの僅かな角折れは見逃す事があっても20ページはちょっと考えられません。

「あまり考えられない事だが今後の参考のために詳細を教えて下さい」
とのメールに次のような画像を送ってきました。

 

アマゾン評価

 

先程述べたようにこれだけの角折れは見逃す事はありません。

同時に送ってきたのがこの画像です。

 

アマゾン評価2アマゾン評価

 

明らかに2枚の画像には違和感があります。

この画像ではあれだけ大量にあった先程の角折れはありません。

何か作為的な感じもし、この僅かな角折れやマーカーさえも疑ってしまいます。

 

しかし今までの経験からこれ以上のメールでの問答は時間のムダと考えて、送料を含めて全額返金し、本は返送無用で処分してくださいと依頼。

 

少々不満も残りましたが、マアこれにて一件落着と思っておりましたら、「返信のレスポンスが悪かったです。」で評価2.

納得がいきませんのでアマゾンのカスタマーセンターに連絡。

 

 こんなアンケートをとっておりましたが、相変わらずの出品者無視としか思えない対応は変わってないようです。

カスタマーセンターは通話料無料でいつまでも長電話ができますが、カスタマーセンターの担当者にはなんの権限もないようで、少し厄介な件は「上席に聞いてきますので」と待たされるだけです。

カスタマーに連絡したという事実が残るだけで今まで解決した事はありません。

ただのガス抜きにしかなっておりません。

 

評価削除リクエストを送るも予想通りのコピペの回答で、

 

「川花書房(愛知県公安委員会許可第543931201600号 )

ご担当者様

Amazonテクニカルサポートへお問い合わせいただきありがとうございます。
お問い合わせいただいた評価削除についてご案内いたします。

調査した結果、この注文に対するコメントは、Amazon.co.jpの評価削除の条件を満たしていないため、残念ながら削除不可の判断となりました。
 

期待をしていなかったとは言え虚しささえ感じます。
別に女性を差別するわけではありませんが、私のアマゾンでの経験では女性の方が執拗で頑固な方が多いようです。


アマゾンのカタログには定価も販売価格も記載してあっても「定価より高かった」とか
DVDを誤ってCDと記載した間違いも頑として納得いだけませんでした。
また配送業者の都合で到着が少し遅れただけでも説明してもどうしても納得いただけませんでした。

いずれにしても昨今の評価の付き方、販売件数では100%を回復するのは無理です。
カタログに記載されるのは1年間の評価ですので、これ以上マイナス評価を付けられないように努力をして1年間待つしかなさそうです。

 

アマゾンの評価については下記の記事もよろしければご覧ください。

アマゾンでは承服しがたい理不尽な評価があります | ワースト3は何 - 懐古オヤジのボヤキ録

出品者に厳しいアマゾンでの評価を削除してもらえた数少ない事例 - 懐古オヤジのボヤキ録

 

当店に限ったことではなく何年も前から多くの出品者が、評価システムのあまりにも購入者よりの姿勢の是正を要求しておりますが、一向に改善される気配すらありません。

アマゾンさん本気で出品者の要望を聞き届けようと思っているの? - 懐古オヤジのボヤキ録

 

上記の記事のように出品者にアンケート調査はしておりますが、本機で取り上げる気があるのかは疑問です。

購入者にとってはありがたい返品システムや、評価のシステムも度を過ぎると出品者にとっては苦痛以外のなにものでもありません。

 

 

 

 

 

 あわせて読みたい