川花書房

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

超初心者がGoogleとYahooでプロモーション広告に挑戦してみました

超初心者がGoogleとYahooでプロモーション広告に挑戦してみました

 

Google Adwords

 

 

スポンサーリンク

   

 

 

リスティング広告をはじめてみました

すでに少し利用しておりましたGoogle AdWordsに加えて、先日Yahoo!プロモーション広告もはじめましたので、まだ僅かな期間の利用ですが、両者の比較等をしてみます。
いずれもリスティング広告(検索広告、PPC広告)と言いまして、検索キーワードに連動して広告を出す仕組みです。
検索した人だけが対象となり、クリックされた分だけ課金される仕組みです。

日本ではWEB利用者の90%がYahooまたはGoogleで検索しておりますので、訳がわからないSEOに注力するよりも多少お金はかかりますが、比較的効率が良いと思われますので試しに挑戦してみる事にしました。

 

Google AdWordsはGoogle以外にもAOL、 Ask.com, auポール,BIGLOBE,goo,Infoseek, livedoor,OCNに、Yahoo! プロモーション広告もYahoo!以外にもExcite,bing,@nifty,Sonet,Ameba,JWord,OKWave,朝日新聞,Mapion,INTERNETCOM,Vector,GMOインターネットグループ,NAVERに配信が可能です。

 

Google AdWordsとYahoo! プロモーション広告の登録方法

利用するにはどちらも広告用のアカウントが必要です。
Google AdWordsの場合は、すでにGoogleアカウントを持っていれば、そのアカウントを利用してAdWordsのアカウントを作成できるのでスムーズにできます。
もちろん、AdWords用に新たにGoogleアカウントを作成することもできます。
AdWordsアカウントを作成したら、タイムゾーンと通貨の種類を設定して登録は完了します。

Yahoo! プロモーション広告では、最初に「Yahoo! ビジネスマネージャー」に登録して
「Yahoo JAPANビジネスID」を取得する必要がある。
ビジネスIDを取得したのちYahoo! プロモーション広告の公式サイトから申込情報を
入力することでスポンサードサーチが利用できるようになる。

 

なお、Yahoo! ディスプレイアドネットワークを利用する場合は、スポンサードサーチのアカウント作成後に申し込みを行います。

Google AdWordsとYahoo! プロモーション広告の管理画面

運用をはじめたらさまざまな情報は管理画面で確認でき、広告の作成、1日の予算や単価も編集できます。
どちらも似たようなもので、名称等が多少異なるだけです。


Google AdWordsでは、キャンペーン作成時に配信のタイプとして
「検索ネットワーク(ディスプレイネットワーク対応)」
「検索ネットワークのみ」
「ディスプレイネットワークのみ」などを選択できる。


Yahoo! プロモーション広告にも同様の「YDN」ディスプレイアドネットワークがあります。

Google AdWordsとYahoo! プロモーション広告の入札方法

Google AdWordsの入札は、「クリック単価を手動で設定」もしくは「予算内でクリック数が最大になるよう、入札単価を自動調整する」から選択します。
また、デフォルトの単価として、1回のクリックで支払う金額の上限を、「予算」として1日あたりの予算を設定します。

 

さらに、広告の配信方法として、均等に表示するか、1日の予算の上限に達するまでできるだけ早い段階で広告を表示するかを選択できます。

Yahoo! プロモーション広告では、予算として1日単位の利用金額を指定し、入札方法は「手動」もしくは「自動」から選択する。


広告の配信方法についても、Google AdWordsと同様に、均等に表示するか、1日の予算の上限に達するまで継続して広告を表示するかを選択できます。

Google AdWordsとYahoo! プロモーション広告の支払い方法

支払いに関しては両者とも前払い、後払いの両方があり、私はGoogle AdWordsはカード決済の後払い。
Yahoo! プロモーション広告は前払いで振り込み。
Yahoo! プロモーション広告は「スポンサードサーチ」と「YDN」は別々に支払いが必要です。

Google AdWordsとYahoo! プロモーション広告の広告配信の範囲

Google AdWordsでは、広告を配信する地域を市町村単位で指定でき、地域名を入力すれば、配信先地域の候補とそれぞれのリーチ数が表示されます。
特定の地点からの半径を指定して、それを広告の配信エリアとすることもできます。

 

私は愛知県でも東の方に位置しているので、静岡県の西部も範囲に入れたいので、半径で指定しています。

 

Yahoo! プロモーション広告でも半径で指定したかったが、ちょっと解らなかったので、
愛知県で指定してあります。
他にも曜日や時間等細かく指定できますがここは指定しておりません。

Google AdWordsとYahoo! プロモーション広告の肝心の効果

Google AdWordsでは、ビギナーズラックか当初数件の問い合わせがあり、半分が成立しているのでまずまずといったところ。

Yahoo! プロモーション広告の方は日も浅い事もあってかまったく成果がありません。

 

しばらく様子をみてどちらか1本に絞るか、両方とも継続するか、あるいはやめてしまうのか決めたいと思います。