川花書房

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

「三度目の正直」で「ホリエモンロケット」の打ち上げに成功

「三度目の正直」で「ホリエモンロケット」の打ち上げに成功

rocket

 

 

スポンサーリンク

   

 

「ホリエモンロケット」の打ち上げに成功

 ホリエモンこと実業家で元ライブドア社長の堀江貴文さんが出資をし、役員も務める宇宙ベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST)の「ホリエモンロケット」

モモ3号機が三度目の挑戦で見事打ち上げに成功しました。

 

4日午前5時45分に「モモ3号機」は北海道大樹町から打ち上げられ、数分後には高度100キロの宇宙空間に到達しました。

民間企業が単独でロケットを打ち上げ宇宙空間に達したのは、国内では初めての事です

太平洋上に着水した機体は引き上げないとの事です。

 

ツイッターで堀江さんは「宇宙は遠かったけど、なんとか到達しました。高度約113km」と投稿しました。

このつぶやきは人類で初めて月面に降り立ったニール・オールデン・アームストロングの言葉「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」を思い起こさせました。

MOMO3号機とは

MOMO3号機は民生部品を多用し、ローコスト化した全長9・9メートル、直径50センチ、重さ1150キロの液体燃料ロケットです。

今回の打ち上げ費用は数千万円で、当初4月30日に打ち上げる予定だったが、燃料の液体酸素漏れが直前に発覚し、部品の交換や発射場近くの強風のため、3度延期されていました。

3号機である事に加えて二重の意味で三度目の正直です。

 

インターステラテクノロジズ(IST)

インターステラテクノロジズ(IST)は2005年に当時ライブドア社長だった堀江貴文がスポンサーとなってスタート。

SNS株式会社を経て2013年に現在のインターステラテクノロジズになりました。

 

MOMOで高度100キロ超の宇宙空間への到達を経て、高度500キロに重さ100キロ程度の小型衛星を打ち上げる新型ロケット「ZERO(ゼロ)」の開発をめざしています。

 

モモ初号機は2017年7月30日に打ち上げられたが、打ち上げから約66秒後にテレメトリーが途絶したため、打ち上げから80秒後に緊急停止コマンドを送り飛行を中止しました。

モモ2号機は2018年6月30日午前5時30分に打ち上げられたが、打ち上げからわずか数秒で墜落し炎上しました。

  

2号機の失敗を受け、ISTは外部の専門家を含む対策委員会を設立。姿勢を制御する小型エンジンの誤作動が原因と特定し、エンジン内部の設計を見直し、打ち上げに近い状態での燃焼試験を初めて実施するなど対策を重ねてきました。

 

インターステラテクノロジズ(IST)がめざすところ

インターステラテクノロジズ(IST)がめざすところは、需要が高まってきた小型衛星の打ち上げ事業への参入です。

高性能化されたパーツにより、衛星の小型化が進み年間数百機が打ち上げられていますが、衛星の打ち上げは大型ロケットに頼っており、コストは最低数十億円と高く、他の衛星との相乗りで待ち時間が長いなどの不都合が多く、世界中で安価で小回りのきく小型ロケットの開発が待たれています。

 

インターステラテクノロジズ(IST)は今回の打ち上げ成功を機に、新型ロケット「ZERO(ゼロ)」の開発を急ぎ商業化を目指しています。

1回のコストを6億円以下に抑え、年数十回の打ち上げを見込んでいます。