川花書房

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

ヤエスのFT-101はトリオのTS-520と人気を二分し、CB愛好家にも愛されたアマチュア無線機

ヤエスのFT-101はトリオのTS-520と人気を二分し、CB愛好家にも愛されたアマチュア無線機

 

FT-101

 

 

スポンサーリンク

   

 

 

FT-101の発売元八重洲無線株式会社

アマチュア無線の大先輩である長谷川佐幸氏(JA1MP)が、1956年に設立した株式会社ゼネラルテレビサービスが前身で、バ-テックス スンダ-ドを経て八重洲無線株式会社に至ります。
まだAMの全盛期というよりもAMオンリーと言ってもいい、1960年からSSBジェネレーターを販売していました。

 

この辺の経緯はアマチュア無線の普及に貢献したOM達ーケンウッド、ヤエス、アイコムの生い立ち - 懐古オヤジのボヤキ録

に述べております。

 

FT-101発売までの経緯

ヤエスからFT-101がはじめて世に出たのは、1970年の事です。

1973年にFT-101B,1975年にFT-101E,FT-101ES,1979年にFT-101ZDが順次発売されました。

後に1973年に発売されたトリオのTS-520と並んで1970年代を代表するHFの銘機として並び称されました。

発売年 型名 分類   仕様
1962 FL-20 送信機 3.5-28Mc SSB/CW
1963 FL-10 送信機 7Mc AM/CW/SSB
1964 FR-100B 受信機 3.5-30Mc SSB/CW/AM
1964 FL-100B 送信機  3.5-30Mc SSB/CW/AM
1967 FL-50 送信機 3.5-29.7MHz SSB/AM/CW 
1967 FR-50 受信機 3.5-29.7MHz SSB/AM/CW
1967 FT-100 トランシーバー 3.5-29.7MHz SSB/AM/CW
1967 FTDX400 トランシーバー 3.5-29.7MHz SSB/AM/CW
1967 FRDX400 受信機 3.5-29.7MHz SSB/AM/CW
1967 FLDX400 送信機 3.5-29.7MHz SSB/AM/CW
1968 FT-200 トランシーバー 3.5-30MHz AM/CW/SSB
1969 FTDX100 トランシーバー 3.5-30MHz AM/CW/SSB

 

FT-101の特徴

トリオがアマチュア用にこだわってTS-520には、採用されなかった27MHz帯とAMモードを加えた事によって、当時流行りだしたCB無線の愛好家にも購入者が増え爆発的に売れ行きを伸ばしました。

同様の理由で輸出も好調で、ヤエスの経営基盤はFT-101によって安定したと言えます。

CBバンド、JJYバンド(10MHz)は水晶を入れるだけでOK。

 

受信部と送信部の前段部分は本格的に半導体化されましたが、ファイナルはテレビ用の水平出力真空管6JS6で、前段には12BY7Aという真空管が採用されました。

以後ヤエスのHF機の多くはファイナルに6JS6,6KD6といういわゆるテレビ球が多用されました。

 

当時はまだハム用でファイナル及び前段にに安定して使えるトランジスターがありませんので、ドライバー段、終段に真空管を使用しました。

この事はトリオのTS-520も同様です。

ただトリオはナショナルの送信管であるS2001を採用しました。

プリセレクター回路にμ同調機構を採用したのもトリオのTS-520とは大きく異なる点でした。

 

この辺は設計者の感覚によるものだと思われますが、テレビ球の採用はコストカットの影響もあったものと思われます。

 

 

外観も、それまでのハム用通信機と違ってFT-101はコリンズのSラインやKWM-2に似た色をしていました。

回路構成も斬新でした。

 

コリンズのKWM-2には無かった電源回路、クラリファイヤー回路、RFタイプのスピーチ・プロセッサーも内蔵されていました。

基本的にはKWM-2を真似た回路構成でしたが、CWフィルターも内蔵できるなど、KWM-2とはちょっと違った機能もありました。

 

外部機器も、外部VFO、スピーカー、モニター・スコープ、リニア・アンプなどのラインナップを揃え、Sラインに対抗していました。

 

FT-101の主な仕様

周波数範囲:3.5~28MHz
電波型式:AM/SSB/CW
サイズ:340W×150H×290Dmm
重量:約15Kg
電源:AC100V、12V
最大消費電流:20A(DC12V時)
最大送信出力:100W
送信終段名称:6JS6C×2
受信方式:ダブルスーパーヘテロダイン方式
(当時のカタログより抜粋)