無線機、本買取の川花書房

古本、無線機の買い取り、修理をしています。

アイコムのIC-120は国産初のマイコン制御のPLLを搭載した1200MHz帯トランシーバー

アイコムのIC-120は国産初のマイコン制御のPLLを搭載した1200MHz帯トランシーバー

 

IC-120

 

 

スポンサーリンク

   

 

 

アイコムのIC-120は国産初のマイコン制御のPLLを搭載した1200MHz帯トランシーバー

IC-120は1983年にアイコムから発売になった1200MHz帯のFMトランシーバーです。

 IC-120 アイコム トランシ-バ-  1200MHz FM 1W  89,800

1200MHz帯のトランシーバーとしてはメジャーではありませんが、5年前の1978年に三協特殊無線からKF-1200が出ております。

価格はほとんど同じです。

KF-1200 三協特殊無線 トランシ-バ-  1200MHz FM 1W 89,500 

詳細はわかりませんが、水晶発振式のトランシーバーと思います。

 

IC-120の発売は当時としては画期的な出来事でした

アイコムはV/UHF帯の可搬型の無線機に強みを発揮しておりましたが、マイコン制御のPLLを搭載した1200MHz帯トランシーバーの発表は驚きでした。

 

IC-120は1200MHz帯のトランシーバーとしては国産初のマイコン制御のPLLを搭載して、1260MHzから1300MHzまでの40MHzをフルカバーし、レピーターにも対応しています。

 

当時私はマイクロウェーブに熱中しており、1200MHzのトランスバーターを自作しておりました。

丁度いいタイミングでの発表でしたので、アイコムのIC-120は発売になって間もなく購入しました。

 

アイコムの無線機を購入したのは1968年に発売になったFDAM-3以来久しぶりです。

アイコムのIC-120は今でも時々レピーターで使っております。

またマイクロウェーブの移動運用の際のトランスバーターの親機としても重宝しておりました。

 

今では出力は10Wが当たり前ですが、IC-120の1Wはトランスバーターの親機としてはありがたいことでした。

IF入力として減衰させることなくミクサーに加える事ができます。

 

アイコムのIC-120の使用デバイス

終段のトランジスターはパーソナル無線用に開発された三菱電機の2SC2392でドライバー段がNECの2SC2558を使用しています。

2SC2558は安価に入手できましたので、自作のトランスバーターでもよく使っておりました。

この頃は日本のメーカーも各社が無線機用の半導体を製造しておりました。

 

アイコムのIC-120では終段の2SC2392は意外にもベース接地で使用しています。

データシートを見ると推奨回路はやはりベース接地でした。

今では終段はすべてモジュールになっており、隔世の感があります。

他のパーツ類もチップ部品ではなく、一回り大きなパーツを使用しています。

 

IC-120はアンテナ切り替えスィツチにモジュールを使用しています。

この辺がさすがにメーカーです。

まだこの頃はアマチュアには簡単には手に入りませんので、高価な同軸リレーを使っておりました。

また3つのVCOを使用して40MHzをフルカバーはとても手が出ません。

 

寂しくなる一方の1200MHz帯

レピーターの10Wから1Wへの減力や相次ぐメーカーの1200MHzからの撤退と寂しい限りの1200MHz帯ですが、マイクロウェーブの愛好家にとっては、1200MHzの無線機はトランスバーターの親機としては貴重です。

私の知る限りでは現在販売されている1200MHz帯の無線機はアルインコのトリプルバンダー144/430/1200MHz FM トランシーバーDJ-G7しかないようです。

昨年になって久し振りにアイコムからIC-9700の正式発表がありました。

アイコムのIC-9700の発売を正式発表 ! 注目は1200MHzの標準装備と抑えた価格 - 川花書房

他社も追随する事を望みます。